« 売国ルーピィ死なず! | トップページ | さあ出て来たぞ、辛坊治郎批判! »

国賊2連発:野中広務

2013年06月25日
(国賊2連発:野中広務)

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00248648.html

・小沢は根っからの媚中派で、鳩山はその子分だった。どちらも元・自民党である。そしてこの野中も自民党の中枢に居た。考えて見れば「自民党の国賊の海の中を、安倍ちゃんは懸命に泳いでいる」と思うよ。とりあえず、FNNのhttpから、国賊・野中広務の、明らかとなった会談内容を以下。

・「6月上旬、野中元官房長官らが、中国・北京で、尖閣諸島をめぐる問題について、中国共産党幹部と会談した際の詳細が、FNNの取材で明らかになりました。中国側は、安倍首相の対中姿勢を厳しく批判し、棚上げを認めるべきだと強く迫っていました」

・野中氏は3日、『私ども、長い間、日中関係に関わってきた人間として...』と述べた。野中氏らが会談したのは、中国共産党序列第5位の劉雲山政治局常務委員。

・「会談の非公開部分で、野中氏は、1972年の日中国交正常化交渉について、田中元首相から直接聞いた証言として、『田中角栄氏が、尖閣諸島について発言したら、周恩来首相が『その話をしたら、条約はなかなか締結できませんよ。凍結したらどうですか』と言って、この問題に深入りすることなく、静かな海としていこうという方向が決まって、日中の扉を開くことができた』などと語った」

・「日本政府が一貫して否定している、棚上げ論に言及した野中氏。これに対し、劉常務委員は『このような厳しい局面を引き起こした責任は、日本にある。問題なのは、安倍首相が、いわゆる争議を棚上げにするという、共通の認識を認めないことだ』と、安倍政権が棚上げ論を認めるべきだと、強く主張した」

・「さらに、劉常務委員は『安倍首相が首相になって以来、何回も繰り返して、日中関係を重要視するという発言があった。もし、本当に日中関係を重要視するなら、言葉だけではなく、実際の行動も必要である」などと述べた」

・「1960年代に、尖閣諸島周辺に石油資源が埋蔵されている可能性が指摘されると、突如、その領有権を主張し始めた中国。菅官房長官は4日、『尖閣諸島をめぐる、解決すべき領有権の問題は、そもそも存在していない。棚上げすべき問題も存在していない。これが政府の立場です』と述べている」

・「野中氏の主張について、キヤノングローバル戦略研究所の宮家邦彦研究主幹は『(野中氏は)日本政府の立場とは、ずいぶん違うお立場なんじゃないかなと思う。結果としては、(野中氏を)中国側が利用しようとしたことは、事実だと思いますよ』と話した。尖閣諸島をめぐる問題は、混迷の度を増している」・・・

・大事なことなので、この酔っ払い爺の論説よりも、〔櫻井よしこ〕さん【異形の大国 中国】(新潮文庫)80Pから82Pを引用させて戴こう。以下。

・「【欺き、裏切られた歴史】・・・日中国交樹立の72年、田中角栄首相は尖閣諸島の領有権問題に決着をつけようとしたが、周恩来首相は領土問題に触れないほうがよいとの立場をとり、「ここで議論するのはやめよう」と日本側をいなした」

・「ところが78年4月、突然100隻以上の武装中国漁船群が尖閣諸島周辺に集まり日本の領海を侵犯し、「釣魚島(ちょうぎょとう)は中国領土だ」と気勢をあげた。釣魚島は尖閣諸島のの中国名である。中国で、漁民が勝手に武装し、集団で日本の領海を侵犯することが可能なはずもなく、そこには中国政府の意図が働いていたはずだ」

・「が、当時の最高実力者・鄧小平はこれを『偶発的な出来事』と弁明し、『このような事件を今後は二度と起こさない』と確約した。それから約半年後に日中平和友好条約締結のために訪日した鄧小平は尖閣諸島問題を『いまの世代の我々』が解決できないのならば『子々孫々』の世代がじっくり話し合って解決するのがよいとして、『尖閣諸島の領有権問題の棚上げ』を提案した」

・「子々孫々の世代、つまり半世紀も一世紀も先までこのままでいようとの提案である。尖閣諸島は日本の領土であり、中国側の言うように棚上げする理由は、日本側には皆無である。にもかかわらず、外務省は日本の立場をまったく主張せず、中国に譲歩し巨額の政府開発援助(ODA)を与え始めた。その決断をしたのは福田赳夫(たけお)首相だった」

・「そして92年2月25日、突然中国は領海法を作った。同法は尖閣諸島も南沙諸島も西沙諸島も、その他全て中国領だと宣言する内容だった。早くも6月には東シナ海に鉱区を設定し国際入札を呼びかけた。子々孫々の世代などと言いながら、日中平和友好条約締結からわずか14年後のことだった。『棚上げ』と言い繕って時間を稼ぎ、その間に着々と調査を進め、有無を言わせぬ状況を作り上げたとみるや、中国政府は問題を『棚下ろし』したのだ」・・・

・【憲坊法師さま】が突かれる「ルーピィの選挙区:北海道九区」の選挙民も何をお考えになっていたのか知らないが、福田赳夫・康夫という、「国賊2首相」を輩出した「群馬三区」の選挙民の方々のほうが、その格(?)は上だと思われるのだが??

« 売国ルーピィ死なず! | トップページ | さあ出て来たぞ、辛坊治郎批判! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

お久し振りです。
今更こんな事を言うのは世間知らずを曝すことになり恥ずかしい限りですが、日中両国で言い争っていた尖閣諸島を何故日本人が所有出来たのでしょうか。
もしこの所有が正規なら、日本政府が買い取ったのだからこの話はお終いだと思います。

冴ちゃん様、

お変わり有りませんか?コメント有難うございました。日本が国有化しても、盗んだとゴロを撒き、鳩山ルーピィや野中あたりが追従を並べているのです。

こんな礼節もクソも無い国を豊にしてしまったエンジンは日本です。ったく馬鹿をやらかしてしまいました。幸之助さんの愚行が今頃になってパナソニックに覆い被さって来ていますが、アタリマエダでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国賊2連発:野中広務:

« 売国ルーピィ死なず! | トップページ | さあ出て来たぞ、辛坊治郎批判! »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト