« ここまで虚仮にされて、民主党は反撃出来ないのか? | トップページ | それでもチャイナ産の飲食物を買うか? »

岩佐三朗氏の1年忌:ご隠居さんの遺稿【仕事師】・後編

2013年06月14日
(岩佐三朗氏の1年忌:ご隠居さんの遺稿【仕事師】・後編)

・表紙が岩佐三朗君の遺影だから、目が合うと胸が一杯になる。だから彼の遺稿【仕事師】(清風堂書店)は、私の部屋ではいつも裏返っている。

・彼の栄光は、1.ベストセラー;【日本型リテールサポートの戦略】(マネジメント社)、2.【会計事務所の成長戦略】(TKC広報部)、3.【インテリジェントセールス革命】(ダイアモンド社)、4.【営業支援システムの実際】(企業研究会・共著)などのビジネス書だけでも充分に実証されているが、この遺稿は、何と訥訥と人間臭いのだろ?テレ屋だった岩佐三朗という私の畏友のナマそのものである。

・企業経営の最晩年に、CS(カストマー・サティスファクション=顧客満足度)システムを学び、その伝道者になろうとも思った私だったが、それを実行するには、いつも「リテール・サポート・システム=岩佐三朗君の血肉・骨」という躊躇いが有った。

・実際今、遺稿を読み返してみても、彼の「リテール・サポート・システム」は、①商圏診断システム、②販売戦略計画システム、③戦略的中期計画システム、④顧客管理システム、⑤行動管理システム、⑥コミュニケーション、⑦販促企画から出来上がっている。ただ彼の性格そのままに、ネーミングがブキ(不器用)なだけである。畏友は、とっくの昔から、CSの精神を追い求め、熱心に大手に説いていたのである。

・ところで「ご隠居さんの遺稿【仕事師】」は、二人の女性のキラキラとした感性に彩られている。彼の奥様・岩佐祥子さんと、清風堂書店のライター・大岡裕子さんである。遺稿は7章から成っていて、1.第1章~4章は彼自身の原稿であり、2.第5章・6章は、がんの進行が進んだ彼の、ベッドの上からの語りとライターの筆力である。

・彼はがん(骨髄腫)の進行と共にイライラが募ったのだろう、23,4歳のガキの頃のような「短気」を爆発させている。(遺稿に出て来るが、鎌本さんという彼の恩人は、私が外資系コンピュータ販社で共に働いていた時、「鎌本さんと岩佐は、O社の3短気の2人」だと吹聴していた。「あと1人は?」と問われると「そりゃ、自身で決めろ」と煙に巻いていたが、2短気は万人が認めるところだった)

・見舞った編集部長とライターに、「このひとはねやっぱりビジネスのことをよくわかっていないんだよ。それをわかっているふうに書いているから、薄っぺらい。全然ダメ」「もっといろいろ質問してもらわないと。もっとビジネスを知ってる人にお願いします」・・・気持は解るが、「ビジネスに精通しているライター」など居る筈も有るまいに・・・亡くなる6日前だ。

・そしてライターは泣きながら、第7章を纏めている。「薔薇の花園」が似合わなかった岩佐三朗君に、最後の最後で薔薇が咲いている。

・出色は、奥様の人柄である。天は「石部金吉」のような畏友に、ユーモアに富んだ彼女を配剤している。「自分の本を出すことには、『生きた証を遺したい』という想いが強くあったのだと思います。わたしは最初の打ち合わせの際、『〔ムカつく男の一生〕というタイトルはどうですか?』と提案させてもらったのですが、いつも『また自慢話ばかりして』という思いがありました」

・「けれど、本を出すと決めて、淡路の別荘でパソコンに向っている彼は、本当に楽しそうでした。久しぶりに、仕事をしている気分を味わっていたのだと思います」

・東証一部上場の日本の大手に単騎切り込んで、自らの「リテール・サポート・システム」を売り込み、実践して来たコンサルティングの大成功者も、奥様にかかれば〔ムカつく男の一生〕である。しっかしま、このユーモアで、この遺稿が「噴出すくらい」明るく絞まっている。(実際、表紙の遺影と〔ムカつく男の一生〕の落差に、日に何度も噴出している!)

・私は残念ながら、畏友が掲げる「黄金の70代を過ごすために」は掴めなかった。しかしこの先長生きして、「遠い彼岸でなくとも、この胸の此岸(しがん)で、『ご隠居さん』をいつまでも遊ばせてあげられるよ!」とは誓える。

・岩佐三朗君、素晴らしい遺稿をありがと。そして出版に奮闘された岩佐祥子さん、大岡裕子さん、思いは真直ぐ伝わりましたよ!ご苦労様でした。ブログ読者の皆様にも、是非読んで戴きたい一冊である。(【織伊友作のがん患者への応援歌】にも同時掲載)

« ここまで虚仮にされて、民主党は反撃出来ないのか? | トップページ | それでもチャイナ産の飲食物を買うか? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩佐三朗氏の1年忌:ご隠居さんの遺稿【仕事師】・後編:

« ここまで虚仮にされて、民主党は反撃出来ないのか? | トップページ | それでもチャイナ産の飲食物を買うか? »

最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト