« ますます怪しいチャイナ:米の国賊が香港を出る | トップページ | 売国ルーピィ死なず! »

今日は美空ひばり・【りんご忌】:没後早や24年

2013年06月24日
(今日は美空ひばり・【りんご忌】:没後早や24年)

Photo

・1989年06月24日に、歌神・美空ひばりが52歳で逝ってもう24年。「天才は夭折する」という涙の弔辞を送った森繁久彌翁が2009年11月に96歳で大往生してからでも3年半が経つ。逝った人々には、星霜の巡りもより早く感じられるようだ。

・男の子しか産まなかった私の母は、無類の「ひばりフアン」だった(フアンらしく、明25日が祥月命日。だから【りんご忌】も絶対忘れない)。そのため小学生の私は、明けても暮れても母のリクエスト=【りんご追分】を唄わされていた。

・勿論「お岩木山のテッペンを 綿みてぇな白い雲が ポッカリポッカリ流れて行き 桃の花が咲き桜が咲き そいからリンゴの花っこが咲く頃は おらだちのいっちば~ん楽しい季節だなやぁ」の台詞入りだった。

・母はまた、1日中でも焦点を飛ばした目で、泣いて聴いてくれたものだった。2度と帰らない僻村の故里を想っていたのかも知れない。私が未だに、「巷のカラオケ王」で居られるのは、こうした母のお蔭かも知れない。

・さて【りんご忌】にあたり、2012年07月に先輩・友人らにメール便でお送りした【お祭りマンボ】への薀蓄と、JASRACさんにお目こぼし戴いて、出出しの一番だけブログに書かせて戴き、歌神への供養とさせて戴こう。以下はその薀蓄である。

・「殆どの皆様がご存知の歌、そう、歌神・美空ひばりの14~5歳の折の歌である。しかしテンポの良さと歌詞の面白さだけだったら、この歌も単に『流行り歌』で終った筈だ。歌のトリに、芭蕉の『おもしろうて やがてかなしき鵜舟かな』や、平家物語の『驕れる者久しからず、ただ春の夜の夢のごとし』に相通ずる『もののあわれ』が感じられるからこそ、今も人々の胸に生きる歌なのだろう」

・「この歌は、作詞作曲・原 六朗の代表作だが、歌好きの私でも彼の歌は他に、【素敵なランデブー】(美空ひばり)、【プリンセス・ワルツ】(初代コロムビア・ローズ)しか唄えない」

・「原は服部良一の弟子らしく、『モダンな明るい歌が好き=演歌は嫌い』で、東芝レコードのズル休みが嵩じて辞めてしまったという変人だから寡作でもあるのだ。しかしまぁ私も10歳だったから、実に60年ぶりに【お祭りマンボ】と向き合ったのだが、詞といい曲行きといい、何と見事な作品だろうと感心する。詞を綴りながら何度噴出し、鼻歌を何十回楽しんだか知れない程だ」

・「私事だがこの歌で、『スリバン』の意味は父に、『ヘソクリ』の意味は母に教えて貰ったことを懐かしく想い出す。先月6月24日は、歌神・美空ひばりの祥月命日=りんご忌だった。もう逝って23年の彼方なのである。皆様にも、『幼いながら既に神の片鱗を見せている』美空ひばりを、暫しお偲び戴きたい」・・・以下歌の出出し。

・「♪私の隣のおじさんは 神田の生まれでチャキチャキ江戸っ子 お祭り騒ぎが大好きで ねじり鉢巻き揃いの浴衣 雨が降ろうが槍が降ろうが 朝から晩までお御輿かついでワッショイワッショイ ワッショイワッショイ 景気をつけろ塩まいておくれ ワッショイワッショイワッショイワッショイ ソーレ ソレソレ お祭りだ」・・・(織伊友作のがん患者への応援歌にも同時掲載)

« ますます怪しいチャイナ:米の国賊が香港を出る | トップページ | 売国ルーピィ死なず! »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は美空ひばり・【りんご忌】:没後早や24年:

« ますます怪しいチャイナ:米の国賊が香港を出る | トップページ | 売国ルーピィ死なず! »

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト