« いやぁ、凄かった5月5日のこどもの日 | トップページ | 70歳からは1割とし、生活保護受給者からも:医療費窓口負担 »

誕生日の吉報:朝鮮総連落札資金目処立たず

2013年05月07日
(誕生日の吉報:朝鮮総連落札資金目処立たず)

http://blogs.yahoo.co.jp/higashidake/MYBLOG/yblog.html?m=lc&p=1

・件(くだん)の朝鮮総連は、日本人の御霊を祀る靖国神社と肩を並べる隣だという。そんな場所に、特定の思い・狙いを抱いた宗教団体には入って欲しくないし、「国側からの圧力があるのではないか」という穿った見方も、安倍ちゃんとこの怪僧がダチだというなら、それも無いだろ?

・ここは一番、「日本の金融機関の良識」で、この話を葬って欲しいものだ。私の71歳の誕生日に、この吉報を下さったのはブログ先輩の〔憲坊法師様〕である。70年の人生を泳ぎ、朝鮮総連落札への怪僧の関与をムカツキながらも「世の中そんなもんだわなぁ」と不貞腐れていた71歳の本日の誕生日、爽快な話の同ブログのコピペを以下。

・「『総連本部落札・資金調達めど立たず:最福寺、期限は今月10日・・・東京都千代田区の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部を約45億円で落札した宗教法人〔最福寺〕(鹿児島市)に資金調達の壁が立ちはだかっている」

・「金融機関などとの融資交渉が4回も決裂、現在も2社と協議中というが、めどは立っていない。同寺の池口恵観法主(えかんほっす)(76)は産経新聞の取材に『針の穴ほどでも日朝間のつながりを残したい』と説明、総連への再貸し出しにも前向きな姿勢を見せるが、納付期限が10日に迫る中、再入札も現実味を帯びている」

・「池口氏や関係者によると、当初の事業計画では中央本部と別院(神奈川県藤沢市)の土地、建物を担保に、大手銀行から融資を受けることになっていた。だが土壇場で突然破談になり、その後に融資を依頼した商社や別の金融機関にも相次いで断られたという」

・「『国側からの圧力があるのではないか』と周辺関係者。現在、計画に賛同する企業2社と詰めの協議を進めているといい、『こちらの思いは分かってくれている。後は決断してくれるかどうかだ』と望みを託す」

・「『安全の切り札』・・・池口氏が落札を決めた真意はどこにあるのか。訪朝歴や総連への再貸し出しの意向から『北の代理人ではないか』との臆測も飛ぶ。『買うと決めたのは入札の直前。北朝鮮要人の言葉がよみがえったからです』池口氏が話す要人とは楊亨燮(ヤン・ヒョンソプ)・最高人民会議常任副委員長を指す」

・「楊氏らから以前、『中央本部はわれわれの大使館。失うことは宣戦布告を意味する』と言われたという。訪朝経験は平成21年から5回。本音で話し合ってきたと思っている。『北の暴発を防ぎ、日本人を守るために落札した。総連ビルは安全の『切り札』です』」

・「池口氏といえば、火柱を前に読経する護摩行で有名だ。プロ野球阪神の新井貴浩選手は最福寺で荒行に挑むのがシーズン前の恒例。『伝灯大阿闍梨(でんとうだいあじゃり)』の僧位を持つ高僧として安倍晋三首相や小泉純一郎元首相とも付き合いがあり、『永田町の怪僧』という異名も」

・「最初に北朝鮮側に接近したのは、朝鮮半島で戦死した戦没者の供養が目的だった。朝鮮総連にパイプのある地方議員を通じて訪朝、その後に総連の許宗萬(ホ・ジョンマン)議長とも面識を持った。23年には金正日総書記に『金日成主席観世音菩薩像』を寄贈。北朝鮮高官と親交を深める契機になったという」

・「『立ち退き求める』・・・中央本部を落札できれば10階に分寺をつくり、信者らの位牌(いはい)を安置。その永代供養料を返済に回す。総連側には『けじめ』として施設から立ち退くよう求めた。その後、要請があれば国の許可を得て有料で貸し出すとしている」

・「ある公安関係者は『『日本人のために落札した』といわれても腑(ふ)に落ちない。総連側の資金援助が一切ないなら、調達方法、返済のプロセスを全てオープンにすべきだ』と指摘する」
                  
・「【用語解説】朝鮮総連中央本部の競売問題・・・整理回収機構(RCC)が東京都千代田区にある中央本部の土地・建物について強制執行(競売)を申し立て、4者が参加した入札で3月26日に最福寺が45億1900万円の最高価で落札。東京地裁は同月29日、売却許可を決定。代金納付期限は5月10日。土地は約2390平方メートル、建物は地上10階、地下2階建てで、延べ床面積は約1万1740平方メートル」・・・

« いやぁ、凄かった5月5日のこどもの日 | トップページ | 70歳からは1割とし、生活保護受給者からも:医療費窓口負担 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

織伊友作様
お誕生日おめでとうございます。
全くその通りです!

タズ坊さま、

コメント有難うございました。日本人として、北のブースカの思い通りに成らないことを、切に祈っております。

誕生日おめでとうございます。いくつになっても誕生日は付きまとってきます。
引用感謝です。

憲坊法師さま、

お祝いコメント、有難うございました。「付きまとってくる」は的を射た表現です。
これが大台の80を超えたならば、また感慨も深いのでしょうが。

日本における竹島の地権者は誰か知りませんが、この島を『朝鮮総連中央本部』建設の為に『寄付』して頂き、黄金の『金日成主席大観世音菩薩』を西に向けて建立すれば、日本国の西に対する護りは完璧です。         藤城

藤城孝久さま、

コメント有難うございました。壮大なご冗談でしょうが、ご承知のとおりサウスコリア(李承晩のコンチキショー!)の実効支配されてしまった竹島は、紛争の道具だけで、実質はナントモなりません。或る朝、突然〔北のブースカ〕が、竹島を攻撃して占領してくれれば、話はダントツに面白くなりますが。

日本のセージカも、その程度の裏工作も出来ないのだから、この死に損ないの爺の、ブログネタにされてしまうのです。

よく知りませんが?南北の休戦は解除されているようですので、事の序でに斎洲島解放!!合法的に戦争が可能です。           藤城

藤城孝久さま、

コメント有難うございました。コメントの斎洲島とは済州島(チェジュゥ)のことと存じますが、今でも本国から散々差別視されている島に、これ以上のご苦労は気の毒か?と。

私ナンザ会社を経営していた頃(その当時も未だ50人ほど居ましたか)、1.旅行会社の甘言と、2.チェジュウ・エアポートのヒット曲に乗せられて、社員旅行で済州島へ行きました。時間がオットリ、ユッタリ流れているような、良い島・風土でしたよ。

斎洲島とは、日本海に浮かぶ架空の島です。日本名は『いつきなかすしま』です。                                                                         
日本名、済州島には半世紀ほど前に、口に出すのも憚られる、おぞましい事件が起きています。『歴史認識と謝罪』を大韓民国政府は済州島原住の方々にする必要があります。                                                                             済州島出身在日の方々頑張ろう!!!!                                                                                                世界中何処に住もうと『生きる権利』があります。        藤城 

藤城孝久さま、

コメント有難うございました。イツキナカスシマとは、71歳にもなって勉強させて戴きました。それは地理的には愛知県伊勢湾沖か?との伝説の、蓬莱のようなシマなのでしょうか?

ヒツマブシで今や日本中に知れる名古屋・熱田の蓬莱軒は、その蓬莱から名乗ったと昔々、女将が言っておりました。

そしてケチくさく、「名前を中てたら5灼(1合ではありませんぞ!)タダで呑ませてあげる」と女将が言った熱田神宮の神酒の名前を、「うぅん??草薙だろ?」と一発で中てて、結局5灼どころか5合もタダで呑んだことが有ります。いやぁ、その美味かったこと美味かったこと!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誕生日の吉報:朝鮮総連落札資金目処立たず:

« いやぁ、凄かった5月5日のこどもの日 | トップページ | 70歳からは1割とし、生活保護受給者からも:医療費窓口負担 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト