« 誕生日の吉報:朝鮮総連落札資金目処立たず | トップページ | ケソン閉鎖は南の責任ミダ!:クネちゃんも大変だ »

70歳からは1割とし、生活保護受給者からも:医療費窓口負担

2013年05月07日
(70歳からは1割とし、生活保護受給者からも:医療費窓口負担)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130506-00000002-maiall-pol

・そんな先送りばかりの「オッカナビックリ法案」は、法案自体が間違っているのだ。人間70年も生きて来れば、その間にお国にはガッポリ税金も健康保険料も納めている筈だ。何で「70歳からは、医療費窓口負担は1割」とスッキリさせないのか?

・同時にクリニックから帰るとき、そそくさと金を払わず出て行くことで、「あ、生活保護受給者だ」と知れてしまうことをご存知だろうか?ヘタな年金受給者より恵まれている生活保護受給者だ。何故等しく(こちらの場合は何歳からでも)1割の医療費窓口負担にしないのか?

・それと、クソ高い介護保険料ってのは何だ?ウッカリ、「健康保険と同じように使えるものだ」とばかり思っていた。膝をやられ立てなく、炊事も買い物も出来ないので区役所に電話したら、「グッタラグッタラ」の長説明の上「必要書類」とやらが送られて来た。それを事細かに書いて返送し、それを元に審査が始まるのだと言う。

・こちとら死んでしまうので、結局「ご近所さん」に助けて貰う事になる。加齢でガタガタになってからでなければ使えない「介護保険とやら」(これがまた高い!)を、ウンと若いうちからボッタくっているのだ。挙句が介護業者の乱立と過剰サービス。私の塒の周りにも、一体何軒有るのだろ?

・おっと、話が「恨み節」になってしまったが、1.7月の参院選の、2.高齢者の反発を避けるためだそうだが、「70~74歳の医療費の自己負担割合は、08年度以降、1割から2割に引き上げることが医療制度改革関連法で決まっている」ことが、また先送りされた。

・そんな法律は廃案にして、生活保護費受給者も1割負担という新たな立法をするべきである。YAHOOのhttpから以下。

・「政府は、70~74歳の医療費の自己負担割合(原則2割)を1割に抑えている特例措置の廃止について、2014年度以降へ先送りする方針を決めた。『ばらまき』との批判に配慮して今年度中の廃止にも含みを持たせていたが、7月の参院選もにらみ、高齢者の反発を避けることを選んだ」

・「70~74歳の医療費の自己負担割合は、08年度以降、1割から2割に引き上げることが医療制度改革関連法で決まっている。しかし、当時の自公政権が直前に方針を転換し、特例措置とした約2000億円の税金を投入して1割に据え置いた。民主党政権も踏襲した」

・「一方、現政権は12年度補正予算で据え置きに必要な予算枠は確保しながら、13年度の途中で廃止する可能性もあるとしていた。しかし、システム改修に時間がかかるうえ、公明党は特例を廃止する場合には、引き換えに医療費の自己負担を一定額以下に抑えている高額療養費制度を拡充するよう求めている」・・・

« 誕生日の吉報:朝鮮総連落札資金目処立たず | トップページ | ケソン閉鎖は南の責任ミダ!:クネちゃんも大変だ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

お誕生日、おめでとうございます。

いつもながら、歯に衣着せぬ健啖ぶり、「時事巷談」おもしろおかしく読んでいます。

どうぞいつまでもお元気で!                  

酒幕です様、

コメントとお祝い、有難うございます。お元気そうで何よりです。6月にはまた、例の連中で3時からお世話になります。

私は大食いですから健啖なのですが、「歯に衣着せぬ」の場合は「放談ぶり」「直言ぶり」がそれに続きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 70歳からは1割とし、生活保護受給者からも:医療費窓口負担:

« 誕生日の吉報:朝鮮総連落札資金目処立たず | トップページ | ケソン閉鎖は南の責任ミダ!:クネちゃんも大変だ »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト