« 日本車圧勝:アメリカ自動車市場 | トップページ | 宮内庁と共産党の石頭:IOC評価委員会メンバー視察 »

これが本来の勝ち方:キューバ

2013年03月04日
(これが本来の勝ち方:キューバ)

http://www.sanspo.com/baseball/news/20130304/oth13030419270003-n1.html

・WBC侍ジャパンは、キューバのような勝ち方をしなきゃ、とてもとても銅メダルさえ無理だ。ブラジルだチャイナだに、辛勝の連続ではなぁ。6日(水)のキューバ戦で目を醒ますか、ギタギタにされて尻尾を巻くか?

・それにしてもキューバはお見事だった。野球のことを「棒球」などと言っているチャイナなどには、これくらい(12対0のコールド勝ち)の勝ち方をしなきゃ。サンスポのhttpから以下。

・「WBC1次ラウンドA組(4日、キューバ12-0中国=七回コールドゲーム、ヤフオクドーム)キューバが圧倒的な打撃力で12点を奪い、中国に大勝した。この結果、2勝の日本とキューバが2次ラウンドへ進み、2敗のブラジルと中国の敗退が決まった」(解説:大体がA組なんざ籤運が良すぎる。キューバ以外にマトモなチームは無かったのだから)

・「キューバは一回、二死からフェルナンデスがエラーで出塁すると4番セペダが左中間を破る適時三塁打を放ち1点を先制。三回には先頭のフェルナンデスが左前打、暴投で二塁へ進むとアブレウの右越え二塁打で1点を追加した」

・「四回はベルの2ラン、デスパイネの2点適時二塁打で4点を加えると、五回にはフェルナンデスの適時打とアブレウの満塁本塁打で6点を加え、計12点を挙げた。投手陣は先発ベタンコートが好投するなど4投手で無失点リレー。規定により七回コールドゲームとなった。キューバは6日に日本とA組1位通過を懸けて対戦する」・・・

・その点、「サウスコリア・台湾・オーストラリア・オランダ」のB組は迫力が有る。あの競合のサウスコリアでも「一次ラウンド敗退か?」の噂さえ有るのだ。日本もキューバに勝って1位通過しないと、アメリカへ行ってもショボイことになるぜ!

« 日本車圧勝:アメリカ自動車市場 | トップページ | 宮内庁と共産党の石頭:IOC評価委員会メンバー視察 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これが本来の勝ち方:キューバ:

« 日本車圧勝:アメリカ自動車市場 | トップページ | 宮内庁と共産党の石頭:IOC評価委員会メンバー視察 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト