« 売国してまで身の保全か?:シャープ | トップページ | チャイナを図に乗らせたのは民主党政権!:安倍ちゃん »

作戦ならいいのだが?:侍ジャパンのキューバ敗戦

2013年03月06日
(作戦ならいいのだが?:侍ジャパンのキューバ敗戦)

http://www.sanspo.com/baseball/news/20130306/npb13030618020006-n1.html

・何だ?野球は投手とか言われるけんど、全く打てない侍ジャパンってのは魅力も何も無い!やっぱキューバ野球にはギタギタだった。私の不吉な予想=今回のWBCは、キューバかアメリカ優勝だろ?がドンピシャらしい試合だった。サンスポのhttpから以下。

・「WBC1次ラウンドA組(6日、キューバ6-3日本、ヤフオクドーム)日本は九回にようやく3点を返したものの反撃は及ばず。六回まで毎回走者を出しながら1本が出ず、キューバに敗れた。1次ラウンドは2位通過となり、2次ラウンド初戦(8日、東京ドーム)でB組1位の台湾と対戦する」

・「3番を打ち好調だった内川が、腰の違和感で欠場。1番・長野、3番・井端、5番・坂本と、またも打線を組み替えて臨んだ日本だったが、凡打の山を築いた。二回は一死から糸井、中田が連打で一、二塁も、稲葉が左飛、松田は空振り三振。三回一死二塁は、井端が三ゴロ、阿部は右飛。四回は二死から中田が遊ゴロ失策、稲葉の右前打で一、二塁も、松田が空振り三振と、ことごとく好機を逃した」

・「0-2の六回には、糸井の四球と中田の右前打で一死一、三塁。ここで稲葉がまさかの投ゴロ併殺打。0-6の九回は、一死から中田、代打・角中、代打・本多が四球で一死満塁。ここで長野が遊撃への適時内野安打、鳥谷の犠飛、井端の右前適時打で3点を返したが、反撃が遅かった」

・「山本監督の話・・・『最後は粘ったが、それまでタイムリーが出なかった。チャンスはあったが、つながらなかった。キューバ打線の速球を打ち返すパワーは大したもの。(台湾戦は)また次の戦いが始まるという気持ちで臨みたい』」

・「キューバ代表・メサ監督の話・・・『大きな勝利だし、大きな自信になる。(WBCで)初めて日本に勝つことができたが、もう気持ちはオランダ戦で勝つことに向いている。どんな形であれサンフランシスコに行きたい。練習して調子を上げていきたい』」・・・

・「オランダより台湾の方が戦いやすい」「キューバには負けて、2位通過の方が利口だ」などの、旧来の日本人らしからぬコメンテータの発言も聞いている。はてさて、「作戦勝ち」なら立派なのだが?

« 売国してまで身の保全か?:シャープ | トップページ | チャイナを図に乗らせたのは民主党政権!:安倍ちゃん »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 作戦ならいいのだが?:侍ジャパンのキューバ敗戦:

« 売国してまで身の保全か?:シャープ | トップページ | チャイナを図に乗らせたのは民主党政権!:安倍ちゃん »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト