« 大阪府交通安全協会200人リストラ | トップページ | 悲劇の大川小・中で卒業式と閉校式:3.11大震災 »

負けたのに「感動しました」:WBC台湾監督の金言

2013年03月09日
(負けたのに「感動しました」:WBC台湾監督の金言)

http://www.nikkansports.com/baseball/wbc/2013/news/p-bb-tp0-20130309-1095098.html

・いやぁ、野球ってイイナァ!と思うし、コリアンやチャイニーズと違い、台湾人が好きになってしまう。話は違うが、こりゃ尖閣周辺の「日台漁業協定」では日本側は大サービスせねばならん!日刊スポーツのhttpから以下。

・「<WBC:日本4-3台湾>◇8日◇2次ラウンド1組◇1回戦◇東京ドーム・・・日本戦初勝利を目指した台湾が、土壇場で金星を逃した。7回終了まで2点をリードし、同点に追い付かれた直後の8回に再び1点を勝ち越した。9回2死まで1点差を守ったが、日本打線の驚異の粘りに屈した」

・「試合直後、記者から『感動しました』と話しかけられた謝長亨監督は、『感動したのはあなただけではない。私も感動しました。今も心臓がバクバクしています』と返した。台湾にとって、それほど劇的な一戦だった」

・「ゲームプラン通りの展開だった。先発の王建民が、6回無失点と好投。打線は3回に押し出し四球で先制し、5回、8回と小刻みに得点した。王は『今日はコントロールを重要視した。日本は粘り強いバッターが多く、苦労しました。我々は勝利のために全力を尽くした』と言った」

・「延長10回は1死から連打で一、二塁のチャンスをつくったが、最後は遊ゴロ併殺打で試合は終わった。謝監督は『選手は素晴らしいプレーをしてくれた。国際試合で日本の高いレベルに近づきたいと思っていた。尊敬する日本に勝つことこそできなかったが、重圧をかけられた。残念な結果だが、いつか勝つ日が来ることを願っている』と話した」

・「今日9日は、決勝トーナメント進出を目指してキューバに挑む」・・・

・何とも潔い謝長亨監督の言葉だ。「私も感動しました」「尊敬する日本に勝つことこそできなかったが、重圧をかけられた」・・・今日のキューバ戦での善戦健闘を祈っている。

« 大阪府交通安全協会200人リストラ | トップページ | 悲劇の大川小・中で卒業式と閉校式:3.11大震災 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

自分なりの判断のご紹介さま、

TB有難うございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 負けたのに「感動しました」:WBC台湾監督の金言:

» 今日は「感謝の日」 第36回日本アカデミー賞 WBC:2次ラウンド 日本4−3 延長で台湾降す [自分なりの判断のご紹介]
さて、固くないことも。 今日はなんたって 「3.9デイ(ありがとうを届ける日)」 「サン(3)キュー(9)」(Thank you)の 語呂合せで、感謝を伝え合う日。 昨日は夜中までやって 気が気じゃありませんで...... [続きを読む]

« 大阪府交通安全協会200人リストラ | トップページ | 悲劇の大川小・中で卒業式と閉校式:3.11大震災 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト