« 被災地でのDV深刻化 | トップページ | ご意見番気取りは止めた方がエエゾ:公明党 »

良くやった!:侍ジャパン、オランダにコールド勝ち

2013年03月10日
(良くやった!:侍ジャパン、オランダにコールド勝ち)

http://news.nifty.com/cs/sports/baseballdetail/yomiuri-20130310-00519/1.htm

・ま2大会連続の覇者である日本としては、今回は接戦に継ぐ接戦でハラハラドキドキのこれまでだったが、今日のオランダ戦で初めて「覇者らしい」コールド勝ちを納めた。ボロカスに言われていた山本浩二監督も、中々の強運の持ち主らしい。

・今日のオランダ戦は、1にも2にも前田健(広島)投手の力投だろう。投の軸が完璧なら、打者も勢いづくというものだ。大男揃いのオランダをボカスカに打って、16対4の7回コールド勝ちだったものだ。これで気分良く、勢いづいてサンフランシスコへ行けるってもんだ。頑張れ侍ジャパン!ニフティのhttpから以下。

・「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の東京2次ラウンド(読売新聞社など主催)が10日、東京ドームで行われ、日本代表『侍ジャパン』が6本の本塁打などでオランダを圧倒、16―4の七回コールド勝ちで決勝ラウンド(米サンフランシスコ)への進出を決めた。オランダは2枚目の切符をかけ、11日に敗者復活1回戦を勝ち抜いたキューバと対戦する」

・「【経過】・・・先発は日本が前田健(広島)、オランダがコルデマンス。一回表、日本は先頭の鳥谷(阪神)が2球目をたたき、右翼に先制本塁打。二死一、二塁の好機で打席に立った6番、坂本(巨人)は遊ゴロに倒れた。一回裏、前田健はまずまずの立ち上がり。三者凡退に抑えた」

・「二回表、日本は9番、松田(ソフトバンク)が左翼に2ランを放った。一死一、二塁から3番、内川(ソフトバンク)が今度は中堅に3ラン。二回裏、前田健はオランダの4番、バレンティン(ヤクルト)を見逃し三振、5番、ジョーンズ(楽天)を空振り三振に仕留めた。直後に初安打を許したが、7番打者をまたもや三振に」

・「三回表、8番、稲葉(日本ハム)が右翼にソロ本塁打。前田健は好調。三回裏、2三振を奪うなど、3人で終えた」

・「四回表、日本は4番、阿部(巨人)が右前打で好機を広げると、5番、糸井(オリックス)が右翼に3ランを放った。四回裏、前田健はバレンティンを再び三振に抑えるなど、3人で終えた」

・「五回表、日本は二死から2番、井端(中日)の二塁打をきっかけに好機をつかみ、阿部の適時打で11点目。五回裏、オランダはジョーンズが前田健の前にまたもや三振を喫するなど、ゼロ行進が続く。先発の前田健は5回1安打無失点の好投だった」

・「六回表、日本は7番、中田(日本ハム)がヒットを放ち、先発野手全員に安打が出た。松田の適時打で1点を加えた。六回裏、日本は内海(巨人)が2番手で登板。二死満塁からバレンティンに走者一掃の中越え二塁打を打たれた。3番手の山口(巨人)もジョーンズに適時打を浴び、日本はこの回、計4失点」

・「七回表、日本は坂本が満塁本塁打を放った。七回裏、日本は4番手で涌井(西武)が登板。オランダの反撃を断ち切り、コールド勝ち」・・・

« 被災地でのDV深刻化 | トップページ | ご意見番気取りは止めた方がエエゾ:公明党 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良くやった!:侍ジャパン、オランダにコールド勝ち:

« 被災地でのDV深刻化 | トップページ | ご意見番気取りは止めた方がエエゾ:公明党 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト