« 単に小狡いチャイニーズ根性:大気汚染・日本の支援 | トップページ | 所詮はIOCへのゼニと芸者ワルツ:レスリング五輪除外 »

ハッタリではないのか?:北朝鮮核実験成功

2013年02月13日
(ハッタリではないのか?:北朝鮮核実験成功)

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/25/02/1330441.htm

・色んなメディアがノースコリアの核実験「完璧」成功を大々的に報道しているが、それじゃぁ近隣の日本への放射能拡散は?と第一に考える。

・これも数多のメディアが報道しているが、何故か文科省(何故防衛省ではないのか?)がマジに報道しているので、httpは文科省で。以下。

・「平成25年2月12日(火曜日)の北朝鮮からの地下核実験の実施発表をうけ、同日付の放射能対策連絡会議申合せに基づき、関係機関の協力を得て、我が国の放射能影響を把握するため、放射能観測を実施しているところです」

・「現在得られている測定結果は以下のとおりであり、特別な変化は見られませんでした。1.空間線量率の測定結果47都道府県、環境省及び財団法人日本分析センターが実施している、モニタリングポストによる空間線量率の測定結果(平成25年2月12日(火曜日)10時~平成25年2月13日(水曜日)10時)について特別な変化は見られませんでした」

・「2.参考情報:高空の大気浮遊じん等の採取の際の参考としてWSPEEDIによる拡散予測結果を防衛省に提供しました」・・・

・うぅん、穿(うが)った見方過ぎるのかも知れないが、私は次の仮説を立てている。①北朝鮮の第3回目の「核実験成功」とやらは、単にハッタリだったのではないか?②同様に1回目も2回目も、単にダイナマイト爆発の。ハッタリだったのではないか?

・地震計による不自然な振動だったら、地下に大量のTNT爆薬を仕掛けて爆発させるだけで起こせる。チャイナが見せ掛けの声明だけで「核実験は今回も大成功だったミダ!」と言うのを鵜呑みにするのもいかがなものか?

« 単に小狡いチャイニーズ根性:大気汚染・日本の支援 | トップページ | 所詮はIOCへのゼニと芸者ワルツ:レスリング五輪除外 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハッタリではないのか?:北朝鮮核実験成功:

« 単に小狡いチャイニーズ根性:大気汚染・日本の支援 | トップページ | 所詮はIOCへのゼニと芸者ワルツ:レスリング五輪除外 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト