« 週刊新潮記事に、SPA!が反論 | トップページ | 今時、心温まる話 »

カフェでの長居論争

2013年02月24日
(カフェでの長居論争)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130223-00000000-jct-soci

・年を取って、喫茶店(古いか?)の利用は極端に減った。チョンの間で商談することが無くなったせいだ。それと58歳での「がん1次バトル」で、ようやく1日100本のヘビースモーキングが止められたため、喫茶店の煙草の煙は勘弁だ。コーヒーは自分の部屋で毎朝、欠かさずドリップして飲むが、喫茶店の煙草の煙に噎せながら飲むのより、はるかに美味い。

・だからこの、「カフェでの長居論争」などはチンケな話だ。私ら学生の頃だって3,4人で長居するなら、2品以上は注文して店の売上を気遣ったものだ。読書に耽ったり、ましてパソコンをやって粘るなどは、日本人の民度が下った証左だ。YAHOOのhttpから以下。

・「カフェの長時間の利用はお断り―――こんな報道をきっかけに、ネットで大論争が巻き起こっている。喫茶店やカフェで勉強などをして長居するのに否定的な人と、容認する人との間でホットな意見が戦わされているのだ。店のほうでも、席に座っているお客と待っているお客の両方に公平に対応するため、四苦八苦しているようだ」

・「■空間を提供するのをやめるのならじゃあ何を売るつもりなの・・・京都新聞は2013年2月22日、『長時間の自習やPC利用お断り 京の大手コーヒー店で増加』との見出しの記事を掲載した。京都市内の大手コーヒーショップで、長居されると他の客が入店できないため、長時間の自習やパソコン利用を控えるよう呼びかける店が増えているという内容だった」

・「これは、京都に限ったものではなく、東京はじめ全国である話のようだ。記者も「混雑時のご利用は1時間までとさせていただきます」といった掲示を、都内の駅や人の密集するエリアに位置する大手コーヒーショップで見たことがある」

・「こうしたことを受け、ツイッターや2ちゃんねるなどで、カフェでの長居について議論が巻き起こっている。『たった1杯のコーヒーで粘るな、店に迷惑だから飲み終わったら席を譲れ』という長居否定派と、『コーヒー代のほかに場所代も払っているのだから』などとする容認派で、意見が真っ二つに割れているのだ」

・「『飲食店を占拠して長時間勉強に使うとか自己中にも程がある』『混んできたら店出るぐらいの配慮がないと、自分の好きな店が無くなるぞ』『えっ、空間を提供するのをやめるのならじゃあ何を売るつもりなの。まさかコーヒーを売って商売にしようっていうの』『急に注意されるのはなんだかなという感じ。そういう規則はないし店員の命令と独断だからな。従う必要はない』また、『お店の格って関係あると思うから学生気に入らないて人は値段の高いとこ行けよって思う』という人もいる」

・「実際、長居するお客をカフェや喫茶店の側ではどう見ているのか?・・・JR新宿駅(ルミネエスト)の地下1階に位置するビア&カフェ『ベルク』の店長は、『少なくともベルクでは、こういう張り紙(ルール化)はしない。その場その場で対応していきます』とツイッターに書き込んだ」

・「大手コーヒーチェーン、タリーズコーヒージャパンの広報担当者は、J-CASTニュースに対し、会社として対応に決まった方針があるわけではなく、原則としてお客が店をどう利用するかは自由だとした。その上で、こう話す。『ひっきりなしにお客様のご来店がある中で、満席の状態があまりに続くようであれば、店舗独自の判断で、黒板に利用時間を書いて掲示したり、お声かけさせていただいたりといったこともあるようです。すでに席に座っているお客様にも、待っているお客様にも公平に気持ちよく過ごしていただけるよう、ご案内の仕方等も工夫して対応しています』」

・「ただ、どういった場合に誰に対してどのように退店をうながすと判断するかが、非常に難しい問題であるため、現場スタッフと本社で密にやり取りをして対応を考えているそうだ。このほか、ドトールは『長居の定義がわからない。店舗数が多いため広報部として統一的にはお答えできない”の一点張り、スターバックス・ジャパンからは締め切りまでに回答を得られなかった」・・・

・これはしかし、あくまで喫茶店(カフェ)での話である。大阪ナンザ【阪急そば】での長居がアッタマ来る。私の最寄の阪急駅には、まぁまぁ大きな【阪急そば】が有るが、4人掛けのボックス席が2つ有る。

・けたたましく、どうでもいい話で延々と喚いているのは、ご存知大阪の婆さん達だ。これは地域名物として致し方の無いことなのだろうが、最近カウンター席でも、ケツの長いクソガキが目立つ。「学割セット」を利用して2,3人で食った後なのだろ?私が入る前からテーブルは片付けられて空で、私が注文して食い終わって帰るのに未だクッチャベッている。従業員は常時4人も居るが、みな雇われ人なので苦情を言わない。

・体罰反対の私だが、その高校生や大学生の馬鹿面には、2,3発ビンタでも喰らわせないと「親からも学校からも、何の教育も受けて来なかった」連中にはワカンネェのか?チャイニーズやコリアンばかりを笑ってもいられない、日本人の急激な民度の低下である。

« 週刊新潮記事に、SPA!が反論 | トップページ | 今時、心温まる話 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カフェでの長居論争:

« 週刊新潮記事に、SPA!が反論 | トップページ | 今時、心温まる話 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト