« チャイニーズ生活保護費詐欺事件:やっぱフロム大阪 | トップページ | NHKファミリーヒストリー:柳家小さん »

♪口で言うより手の方が早い 馬鹿を相手の時じゃない

2013年02月01日
(♪口で言うより手の方が早い 馬鹿を相手の時じゃない)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130201-00000093-san-soci

・男性の柔道家が女子柔道選手を指導する。それは雌雄の世界から見ても、圧倒的に牡(雄)が上位で有利である。だからこそ叩いたり蹴ったりは、絶対してはならないことは常識的に分る。

・しかしテレビカメラも捉えていたように、園田監督の①罵詈雑言、②平手打ち、③蹴りは日常的だったようだ。そんな野蛮な国へ五輪など誘致出来る筈も無い。

・有力女子柔道選手ら15人は、誠にクレバーだった。全日本柔道連盟に訴えても(現に聞取り調査中に園田監督の続投を決めている)埒(らち)が開かないことを知って、JOCに訴えている。JOCは揉み潰すわけには行かないので、ようやく監督辞任と言う進展が見られたのだ。

・今日は内柴正人被告の裁判である。片や「女誑(たら)し」、片や「女に暴力」である。まともに指導出来る男性柔道家は居ないのか?YAHOOのhttpから。

・『「選手を何とか強くしたいという気持ちでたたいた』柔道女子のトップ選手ら15人が園田隆二代表監督(39)らの暴力やパワーハラスメントを告発した問題。園田監督は31日の記者会見で、暴力を振るったことを謝罪する一方、『感情的ではなかったとの弁明を繰り返した」

・「【近年の柔道をめぐる主な体罰や暴力】・・・31日午後4時ごろから東京都文京区の講道館で行われた記者会見。100人以上の報道陣が詰めかける中、スーツ姿の園田監督が険しい表情で現れた。カメラのフラッシュを浴び、顔を紅潮させる園田監督。冒頭、『大変深く反省している。誠に申し訳ない』と深く一礼。続けて『大きな騒ぎとなり、私がこれ以上、強化に携わるのは難しい』と辞意を示し、告発文に記載されていた暴行や暴言について『ほぼ間違いない』と認めた」

・「全日本柔道連盟は1月30日の会見で留任させる意向を示していたが、園田監督は『選手が試合でどう戦って勝つかが一番大切。私が監督を続ければ選手が不安になり、負担になる』と決断の理由を述べた」

・「園田監督は当初、暴力を振るわないようにしていたと話すが、『言葉で伝える力がなかった結果、そういう方向性になった』と時折、目をつぶって言葉を選ぶように説明した。硬い表情ながら、はっきりした口調で質問に答える園田監督。選手に手を上げたときの気持ちを問われると、力を込めて『暴力という認識は全くない。もう一踏ん張りしてほしいという気持ちだった』『精神的に乗り越えてもらうため、手を上げてしまった』と弁明、気分や感情によって暴力行為を行ったのではないということを強調した」

・「選手らが『恐怖を感じていた』と話していることについては、『『選手が恐怖を感じているな』とも思ったが、指導者として道場では『友達じゃない』という一線を引きたかった』と釈明した。最後に選手らに改善すべき点などを聞くため『直接会って話がしたい』と打ち明け、再び『大変申し訳ありませんでした』と頭を下げて会見場を後にした」・・・

・美空ひばりの【柔(やわら)】の3番から。「♪口で言うより 手の方が早い 馬鹿を相手の 時じゃない 行くも住(とま)るも 座るも臥すも 柔ひとすじ 柔ひとすじ 夜が明ける」・・・

・テレビでもやっていた。「嘉納治五郎が講道館を創り、柔術を柔道と改めたところから、柔道というスポーツが始まっている」と。そして「スポーツ化された時から、体罰とは縁を切っている筈だ」と。

・納得の行く言葉では有るが、柔道に拘らず、あらゆるスポーツの指導者は、桑田真澄元投手が言っているように、「日本以外の外国の選手は、叩かれたり蹴られたりしているのだろうか?」と、毎日どの場面でも考えて欲しい。そして今日からでもいい、「俺は絶対体罰はしない」と心に誓って欲しいものだ。

« チャイニーズ生活保護費詐欺事件:やっぱフロム大阪 | トップページ | NHKファミリーヒストリー:柳家小さん »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

織伊様、 ブラジルから書いてをります。パラナ州の奥地に欧州大戦で避難して来た。ドイツ軍の一派が造ったコロニーが在ります。その村の朝は部落放送から流れるワーグナーの曲から始まります。彼らに言わせば『ドイツが見たければブラジルに来い』 村の学校の柔道場には嘉納治五郎先生の写真が掛かっています。 なぜ?嘉納治五郎先生なのか?   『紳士』だからです。!!!         人の親から預かった、嫁入り前の大切な女の子に、地位を悪用して危害を加える、園田某の如き輩は堅気の娑婆では通用しません!! 『不倶戴天』の敵です。 奴こそ『体罰』を受けるに相応しい物です!!!    将来の日本の『お母さん』を犯罪者の手から取り戻そう! 『ケッパレーニッポン』                藤城

藤城孝久さま、

コメント有難うございました。狼少女と言われた金メダリストの松本選手の、素顔の可愛かったこと!あの大柄な塚田選手の笑顔も忘れられません。そんな彼女たちが①誑されたり、②叩かれたり蹴られたりってのは、日本柔道界もどうかしてしまっています。

嘉納治五郎先生の心が伝わらないJUDOなら、日本は潔く去って(大体が悪役柔術家のような紺色柔道着からしておかしい!)、日本柔道の世界大会を立ち上げるべきなのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ♪口で言うより手の方が早い 馬鹿を相手の時じゃない:

« チャイニーズ生活保護費詐欺事件:やっぱフロム大阪 | トップページ | NHKファミリーヒストリー:柳家小さん »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト