« 70~74歳の医療費窓口1割負担 | トップページ | 受動喫煙:これは画期的な原告勝訴だ »

そうか、自分の膝のことだった!

2013年01月08日
(そうか、自分の膝のことだった!)

http://olii-yuusaku.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-4fad.html

・先般、浅田真央ちゃんの腰痛治療の記事で、私が30年前に重度の腰痛を治して戴いたカイロプラクティックのゴッドハンドとの体験談を紹介した。私はお蔭さまで30年間、腰痛に悩まされたことは無いのだが、浅田真央ちゃんよりも何よりも、12月27日に名古屋で呑んだ幼馴染が、TAXI待ちの間にしゃがんでしまったことが気懸かりで、もう一人のメールが出来る幼馴染に頼んで、何とかこの名古屋市中区金山のゴッドハンドの治療院を訪れるよう、促していたものだった。

・その超多忙なゴッドハンドが、私のブログを読んで下さったのだろう、今日又、コメントを寄せて下さった。腰痛しか頭に無い浅学菲才な私に、「貴方の両膝はどうなのですか?」と、優しく諭して下さったコメントなのだ。

・私は愕然とした!そうだ、この先生は今やそのゴッドハンドで、様々な分野で人助けをされていたのだと。浅田真央ちゃんや幼馴染の腰痛のことだけではない、肝心要の私の両膝は、ガタガタのまま2年3ヶ月以上が過ぎているのだ。アメリカ製の片手松葉杖にすっかり慣れてしまい、自分の両膝を忘れていた!

・2013年は、6月が愛知県がんセンターの肝臓MRIである。桜咲く頃ってか、3月か4月に、30年ぶりに名古屋市中区金山の長谷川ビル7Fを訪問し、実に30年ぶりにゴッドハンドのご尊顔を拝し、すっかり諦めていた私の両膝を一度診て戴こうと決心した次第である。

・以下に、心優しいゴッドハンドのコメントと、覚醒し決心した私の返信を、1月8日版ブログで、①織伊友作の時事巷談と、②織伊友作のがん患者への応援歌にエントリーさせて戴く。一人でも多くの方々に読んで戴きたい。以下。

・「一筆啓上させていただきます。このメールは自己宣伝や誇大広告でもなく虚偽でもありませんが、事実です。(もし、小さな親切大きなお世話、でしたら私の独り言とお聞き下さっても結構です)」

・「ごく最近の確かな医科学論文ですが、『痛んで肝硬変や初期の肝臓がんになった肝臓機能の補助を筋肉がしており、肝臓機能を正常にする働きがある』という学説があちこちでポツポツと出て来ました。実際に下記の私の患者さんが肝硬変から肝臓癌に発展して『どうもやばいぞ』と言われ出してから毎日1万歩歩きだし、とうとう血液検査値が正常になりました」

・「50代男性、高名な金融関係の名古屋の支店長、ワインと肉が好きで毎日・毎晩のお付き合い、夜更かし。ゴルフ狂で足首を痛め何処へ行っても治らず私が10回足らずで治しました。多くの人を紹介してくれたのは良いのですが、ある日『肝硬変からどうやら肝臓がんになりました』と言ってこられました」

・「私は骨格系の矯正、気の強化(気功で)、脳にブレーキかけている脳内ホルモンの調整により脳アクセル化へ、の施術をしました。そして彼は1日も欠かさず1万歩を歩きました」

・「ある日、彼は『肝硬変はそのままですが、GOT,GPT,γ-GTP、中性脂肪の数値が正常になり、仕事に摸復帰しました。命拾いしました』といって、ゴルフで痛めた、という腰を治しに来院されました。もちろん腰は直ぐ治りました。最近の話です」

・「この事は事実のみをお話ししました。邪魔でなかったら1度お考えください。理想を言えば、2度ほど私の・・・骨格系・気・脳力アップ・・・の治療をうけれれるのが理想ですが?・・・東 誠之」投稿: 東誠之(熊本接骨院) 2013年1月 8日 (火) 17時48分

・「東誠之先生、ご多忙なのに、わざわざのコメント有難うございます。私としたことが、浅田真央ちゃんと、私の親友の腰痛のことばかりに頭が行き、こうして東先生にコメントを戴くまで、自身の両膝痛のことと東先生がジョイント出来ていませんでした!赤面の至りです」

・「青春の折の、剣道部の無謀なうさぎ飛びのし過ぎなのか?機関車のように強力だった牡のシベリアンハスキーとの11年5ヶ月に及ぶ散歩のし過ぎなのか?はたまた一時熱中したゴルフのし過ぎなのか、加齢と共に急激に増加した体重が支え切れず、膝痛は100kg超の頃から有りましたが、2010年9月に大股でエレベータに急いだ折に右膝をガクッとやり、片手松葉杖で庇い歩きしていて2011年1月に左膝もやられました」

・「散歩も出来なくなって体重も落ちず、悪循環のまま70歳を越えてしまいました。本年、桜の咲く頃には一度、懐かしい金山の長谷川ビルをお訪ねしご尊顔を拝します。変形が始まってしまっている私の両膝を、一度東先生に診て戴くだけで、新たな可能性が感じられるかも知れません。有難うございます」

・「先生から戴いたコメントとこの私の返信を、一人でも多くの読者に読んで戴きたく、【織伊友作の時事巷談】及び【織伊友作のがん患者への応援歌】の1月8日版として、今夜中にエントリーしたいと考えております。本当に有難うございました」投稿:織伊友作 2013年1月 8日 (火) 18時25分 ・・・

・私の【織伊友作の時事巷談】は、お蔭さまで2月には30万アクセス、【織伊友作のがん患者への応援歌】も桜の咲く頃には5万アクセスを戴くことになる公明正大なブロガーである。だから人様の宣伝には決して乗らない。

・しかし私は、①3がん4バトルの帰還兵であるし、②両膝を痛めた片手松葉杖の現在進行形の患者でもある。腰痛の1スポットだけに目が行っていたのは、その腰痛を治して戴いた東誠之先生の「その後のご精進」と、「錚々たる治療実績」を軽んずるものであったと深く反省し、己のガタガタになった両膝を診て戴くため、3月か4月に30年ぶりの訪問をする積りなのである。乞うご期待!

« 70~74歳の医療費窓口1割負担 | トップページ | 受動喫煙:これは画期的な原告勝訴だ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そうか、自分の膝のことだった!:

« 70~74歳の医療費窓口1割負担 | トップページ | 受動喫煙:これは画期的な原告勝訴だ »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト