« 支援しなければ、攻撃するぞ! | トップページ | 身構える中国と日本:開戦を告げる太鼓の音 »

視聴者を舐めた番組は、局のプライドで作るな!

2013年01月26日
(視聴者を舐めた番組は、局のプライドで作るな!)

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130126-1076706.html

・噂ではテリー伊藤の肝煎りだったようだが、あ奴も傲岸不遜で、アホタレの上に君臨している。馬鹿を集めりゃ利口に見える典型で、果たして利巧やら何やら。

・嘘吐きはliarとして、欧米では人間扱いされて貰えないが、日本のテレビ界は困ったもので、話題にさえなれば番組を作りたがる。今回ももう、48分だったかの集録は終っていたというから、嘘吐きの森口尚史としては、「してやったり!」とルンルンだっただろ?そうはイカのキ◯タマが最近の「魂が揺れた」日本人の様子だ。日刊スポーツのhttpから。

・「テレビ東京は25日、今日26日放送予定だった『現状打破TV』(午後0時30分)の放送中止を決めた。iPS細胞を使った世界初の治療をしたと発表後、大半をうそと認める騒動を起こし、現在タレント活動中の森口尚史(48)が出演し、既に収録も終えていた」

・「同局は『編成上の都合で中止になりました』と説明した。番組は昨年1月に放送した『極旅2』の再放送に差し替える。また森口が27日にiPS細胞をめぐる騒動について釈明会見を開くことも分かった」

・「異例の放送中止が決まった。森口の同番組への出演は25日付の日刊スポーツが報じた。iPS細胞の実用化を待望する患者を混乱させた森口の出演について同日朝から、批判的な意見や、放送を疑問視する意見などがツイッターに投稿され、インターネットでも多数取り上げられた」

・「同局は、放送中止について『編成上の都合』としたが、社会的な影響を考慮した上で、急きょ決めた可能性は十分にある。森口の所属事務所には、同局から『反響が大きく、中止を決めました』と連絡があったという」

・「事務所関係者は“こうなることは予想されましたので、仕方ありません』と話した。今回の放送分には小林幸子や美川憲一が出演するコーナーもあり、関係者は『申し訳ありません』。また『まだ森口が(世間に)話を聞いてもらえる状況にないと再認識しました』として、『iPS細胞をめぐる騒動についてきちんと話をする機会を設けたい』と、27日に都内で釈明会見を開くことも決めたという」(解説:またあの暑苦しい顔が、勝手気ままな言い訳をするのかよ?)

・「『現状打破TV』は、テリー伊藤氏が演出を手掛け、爆笑問題が司会を務め、悩みを抱えたり、行き詰まっている芸能人らの現状打破の方法を探る異色バラエティー。今回は、騒動後に失業状態に陥った森口が現状を打破するため、CD発売の権利を懸け、TM NETWORKの「GET WILD」を同グループの木根尚登に披露する内容だった」(解説:ったく、舐めやがって!)

・「森口は、昨年11月末に事務所と契約を交わし、芸能活動に乗り出した。昨年12月には都内でトークライブを行い、今月23日にもイベントに出演した。関係者によると、最近になって、出演予定だった民放2番組の出演が取りやめになったという」・・・

・未成年淫行の山本圭一、ヤ筋で巨万富を儲けた島田紳助らが次々と芸能界復帰するらしいが、何でもケロリと忘れてお茶の間で大口を開けてテレビを見ている民衆が馬鹿だ。しっかし民衆が馬鹿だからといって、局がそれに併せて「もっと馬鹿に!もっとアホに!」と愚にも付かない番組を流し続けるのはどうかと思うよ!

« 支援しなければ、攻撃するぞ! | トップページ | 身構える中国と日本:開戦を告げる太鼓の音 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 視聴者を舐めた番組は、局のプライドで作るな!:

« 支援しなければ、攻撃するぞ! | トップページ | 身構える中国と日本:開戦を告げる太鼓の音 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト