« 嘉手納へ、米軍最強戦闘機配備 | トップページ | へぇ?泥棒の内輪もめじゃなかったんかい? »

韓流・みのもんたのバカ面はどうだったのか?

2013年01月25日
(韓流・みのもんたのバカ面はどうだったのか?)

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-162806/1.htm

・あの韓流・TBSが、手の平返しして祖国(?)をボロカスに叩いたそうだが、ホントかや?TBSの転向なら結構なことだ。他局も同じで、もう敵国と鉄板してもいい韓流をこれまで通り放映していたら、「魂が揺れてしまった(武田鉄矢)」日本民族の血が許さないぜ!

・ってことは、国民から受信料(何でこんなに高い?一律徴集なら、月500円だぜ?)を毟り取って(生活保護受給者にはBSもタダ)、テメェらは公務員並みにのうのうと暮らしているNHKだけが変わらず流し続けるのかよ?ニフティのhttpから。

・「TBSが韓国経済をボロクソに叩いた、とネットで話題になっている。韓国企業の信頼度は先進26カ国中最下位で、家電も世界を席巻しているとされるが、特許侵害が多く様々な問題を抱えている、といった具合に、韓国経済のありようを、これでもかというようにボロクソに叩いているのが特徴だ。TBSはこれまで韓国に好意的な報道が目立ったせいもあり、ネットでは『転向』だとして賞賛の声まで挙がっている」

・「『皆が韓国企業に対して『おかしい』と思い始めた』・・・2013年1月24日放送のニュース番組『朝ズバッ!』の『けさ単!』のテーマは『円安ウォン高』だった。ここではいつも一つの単語の意味を読み解いている。この日は。井上貴博アナが総合司会のみのもんたさんに韓国経済に対してどんなイメージを持っているか聞いた」

・「みのさんは、勢い付いていて留まる所を知らないし、海外の飛行場やスポーツ競技場の看板を見ても、日本のメーカーは無くなっていて韓国の家電メーカーのものだらけだ、韓国の人達の頑張りは凄い、と絶賛した」(解説:バカの猿面め!)

・「井上アナは韓国経済の実態を紹介する大きなボードの前に立ち、そう思っている人もいるが、実態は異なっているとして説明を始めた。まず、08年のリーマンショック以降、韓国経済は奇跡のV字回復をしたとされる。確かにGDPは伸びたが、その内訳は76.5%を10大財閥が占める」

・「好調なのは大企業のみで貧富の差が拡大した、と指摘した。利益の多くは輸出でもたらされたが、その輸出自体が危機を迎えているのだという。ウォン高がきき始めたせいもあるが、第一生命経済研究所の西濵徹さんの説明によれば、『皆が韓国企業に対して『おかしい』と思い始めた』からだという」

。「何が『おかしい』のか。番組ではまず現代(ヒュンダイ)自動車の例を出し、『誇大広告を出していたことがアメリカ政府の調査で分かった』と説明した。アメリカで10年から12年にかけ出した広告に記載された燃費の数字が実際よりも高く書かれていたという。また、ヒュンダイのロゴマーク『H』は、日本のホンダとそっくりで、デザインも日本車と似ている」

・「それは、『アメリカでは燃費がいいのは日本車という定説があるから』であり、韓国企業がよく他国の企業を真似た製品を出しているのには、こうしたことが根底にある、と断じた」

・「『K-POPも既に賞味期限が切れている』・・・さらにサムソンは特許侵害など3000以上の訴訟を起こされている。経済評論家の三橋貴明さんのコメントとして、『訴訟を起こされても決着まで2年ほどかかるため、特許を侵害したとしても、早く売り切ってしまいたい、というのが韓国のスタイル』などと紹介した」

・「アメリカの広報会社の調べによれば韓国の企業信頼度は先進26カ国中で最下位になっている。韓国への観光客も激減している。韓国は韓流スターも輸出しているが、『紅白歌合戦でK-POPゼロ。賞味期限切れではないか』とも語られた。最後に、このままウォン高が続き1ドル1000ウォンを切ると韓国経済には致命傷となる、とした」(解説:みんなオンナジお面のような整形ヅラが、もう飽きられたのだろ?)

・「ネットではこうした事実をテレビは報じてこなかったのに、なぜTBSが、と話題になった。ネットではTBSはもともと『反日放送局』だとバッシングされてきただけに、評価する人も多くいて『俺たちのTBS!』『これからはTBSだけ見ることにするわ!』などといった書き込みも出ている」

・「TBSHD(ホールディングス)の石原俊爾社長は12年11月に、1980年代までTBSは『民放の雄』と評されていたとし、『TBS社員として、誇りと自身を持って再生への道を歩み始めましょう』と書いた手紙を900人以上もの社員送ったとして先ごろ話題になったばかりだ」・・・

・サウスコリア企業のパクリや、日本企業からの泥棒行為は未だ「経済戦争」の括りで討論されるが、李明博が土足で竹島を汚したことや、今回のパク・クネのチャイナへの擦り寄りは、「政治」「愛国」「民族抗争」の括りである。武田鉄矢氏が「日本人の魂が揺れた」というのは、間接的ながら「顔に泥を塗り続けられて来た日本人が、プツッとキレた」ことを言い表して妙である。

・そりゃ韓流TBSも、大概にしとかなきゃイケンだろ?それにしても「朝ズバッ」は未だやってたんだ?私も歳を取って①隔日、②昼から出勤だから、朝は朝寝して「死んだ人々に会う」大切な時間帯なので、みのもんたの猿面も長いこと見ていない。このhttpでは語られていないが、逆襲された「韓流・みのもんた」のバカ面が見たかったものだ!

« 嘉手納へ、米軍最強戦闘機配備 | トップページ | へぇ?泥棒の内輪もめじゃなかったんかい? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

まず第一に、視聴率と広告料でしょう。

フジのように寒流や韓国を持ちあげていれば、視聴率も広告代金も落ちて行くのが理解できたのでしょう。

そして嫌韓や反韓、というようり事実を事実のまま報道する方が、視聴者に受けるという事がようやくわかったにでしょうね。

これからは他のテレビ局でも韓国を叩く(というより本当の事を遠慮なくいう)番組がふえていくでしょう。
それこそが視聴率稼ぎになりますからね。

フジテレビがいつまで寒流を持ちあげられ続けるのかが見ものですね(笑)

みやとん様、

コメント有難うございました。仰るように報道機関は、本当のことを遠慮なく在りのままに言うという基本に立ち返らないと、この先どこも危ないでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓流・みのもんたのバカ面はどうだったのか?:

« 嘉手納へ、米軍最強戦闘機配備 | トップページ | へぇ?泥棒の内輪もめじゃなかったんかい? »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト