« クリス松村の宣言に学ぶ | トップページ | 皇室の明日を考える »

へぇ?NATOへ親書ねぇ:チャイナへの牽制に繋がればいいが

2013年01月12日
(へぇ?NATOへ親書ねぇ:チャイナへの牽制に繋がればいいが)

http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/yomiuri-20130112-00549/1.htm

・「NATOの意味、誰か知ってるか」と担任が言ったのは私が小学校6年生の時。クソガキのガキ大将で、学級委員長だった私も目を白黒させていたら、転校生の上田晴美ちゃんがシャラッと「北大西洋条約機構です」と答えて担任を驚かせていた。

・wikiを調べたら1949年4月4日発足だという。「恐らく今から60年以上は前だな?」と感覚的に思っていたら、果たして64年前だった。そのNATOの事務総長に安倍ちゃんが親書を送り、「チャイナの海洋進出に対する懸念を伝えて連携強化を求めることが12日、明らかになった」という。

・安倍ちゃんやるじゃん?効果のほどは別として、民主党政権下では考えられなかった動きだ。考えて見れば、恐らく日本はNATOにも維持費か何かを注ぎ込んでいるのだろ?使えるものは何でも使うのが政治であると思う。ニフティのhttpから。

・「安倍首相が、北大西洋条約機構(NATO)のラスムセン事務総長に親書を送り、中国の海洋進出に対する懸念を伝えて連携強化を求めることが12日、明らかになった」

・「首相は親書で、中国による尖閣諸島(沖縄県)周辺での領空・領海侵入を念頭に、『中国の海洋進出の活発化と北朝鮮の動向などにより、東アジアの安全保障環境は厳しさを増している』と指摘」

・「日本が東アジア地域の安定と繁栄に積極的役割を果たす考えを表明する一方、東アジアの『戦略的環境の変化』について、NATO側に認識の共有を呼びかける考えだ。親書は、15~19日に英国、フランス、ベルギーを訪問する自民党の河井克行衆院外務委員長を通じてラスムセン氏に届けられる予定だ」・・・

・結構結構!国連が屁の突っ張りにもならない(チャイナも安全保障常任理事国)現実を考えれば、訴え出るところは限られて来る。NATOなどと、安倍ちゃんってか自民党も流石である。多少の薬効は期待したい。

« クリス松村の宣言に学ぶ | トップページ | 皇室の明日を考える »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へぇ?NATOへ親書ねぇ:チャイナへの牽制に繋がればいいが:

« クリス松村の宣言に学ぶ | トップページ | 皇室の明日を考える »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト