« 1月の演歌巷談:【風】 | トップページ | ([正論]から新保祐司氏の論説:強靱な頭脳と精神こそ国難救う »

年末お騒がせ小ババちゃんの末路

2013年01月03日
(年末お騒がせ小ババちゃんの末路)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130103-OYT1T00320.htm?from=ylist

・足蹴にして出て行った小沢は、政党交付金8億円をせしめたが、足蹴にされた嘉田小ババちゃんは無一文。滋賀県知事に戻って堅気の暮らしをし、オマンマに有り付くしかないわな。

・となれば、社民党をトンズラしていい夢を観ようとした阿部知子も、たった独りで「未来」の看板を背負っていても、チャリンともお賽銭は入って来ない。見ているがいい。戸口を周る乞食(そういえば最近、見ないなぁ?)のように、政党要件を満たした「みどりの風」の門戸を叩くに違いない。政治家なんてそんなものだ。読売のhttpから年末お騒がせ小ババの末路を。

・「滋賀県の嘉田由紀子知事が、政治団体『日本未来の党』の代表を辞任する意向を固めた。複数の関係者が明らかにした。4日に記者会見する。嘉田氏は、国政政党役職との兼務解消を求める決議を県議会から突きつけられており、批判をかわす狙いがあるとみられる」

・「嘉田氏は、衆院選公示直前に結成された国政政党『日本未来の党』の代表を務めたが、衆院選で惨敗。同党は分裂し、嘉田氏は阿部知子衆院議員とともに、党名を引き継いだ政治団体を結成していた」

・「政党代表を退き、嘉田氏は『決議には反していない』との認識を示していたが、議会側が反発。来年度の県予算案審議などを目前に控え、『このままでは、県政運営がもたない』と判断したという。嘉田氏は3日、読売新聞の取材に対し、『4日にすべて言います』と述べた」・・・

・何だ何だ?小沢だけでない、嘉田も「日本未来の党」比例区に投票した340万人の方々の意志を何と思っているのだろうか?所詮は「外れ馬券」ってか「年末ジャンボ宝くじハズレ券」と同じなのか?これじゃ益々政治不信が募るわなぁ?

« 1月の演歌巷談:【風】 | トップページ | ([正論]から新保祐司氏の論説:強靱な頭脳と精神こそ国難救う »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年末お騒がせ小ババちゃんの末路:

« 1月の演歌巷談:【風】 | トップページ | ([正論]から新保祐司氏の論説:強靱な頭脳と精神こそ国難救う »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト