« チャイナ共産党王朝を倒す3大勢力 | トップページ | 言ってやれ!ブレーキになるなら連立解消だと »

生者の驕り:大阪市立桜宮高運動部生徒らの抗議

2013年01月22日
(生者の驕り:大阪市立桜宮高運動部生徒らの抗議)

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130122/dms1301221144009-n1.htm

・年端も行かない生徒8人が、橋下ハッチャクと市教委の「体育会系2科の募集中止」に抗議の声を上げ記者会見した。直感的に感じたのは、抗議自殺した生徒を(言わないまでも)弱者とした生者の驕り、自分らの利益擁護の「黄色い嘴」だった。

・マスコミは絶えず仮面を被っており、裏で権力の「独断専行」を批判するためなら、これら8人の生徒らは格好の餌食だったのだろ?橋下ハッチャクは「桜宮高校には、新入部員を入れる(体罰風土の)改革がされていない」と言っているだけで、それは「改革が認められれば、再開する」ということなのである。

・この8人からは「体罰容認」「変革は望まない」の空気がムンムンで、これら体罰慢性化した生徒らも、(例え精神的にでも)加害者の列に加わっていたのではないかとさえ思えて来る。ZAKZAKのhttpから。

・大阪市立桜宮高の体育系2科の募集中止を受け、運動部の元主将ら、3年生8人が21日に市役所で記者会見した。生徒らはまず、『本当に残念、言葉も出ない。(解説:言葉も出ないなら喋るな!)在校生や受験生のことを考えたら、もっと違う結果があったのではないか』と募集中止に批判的な意見を語った」

・「橋下徹市長は同日午前、同校を訪問したが、『市長から具体的な理由やメリットの説明がなかった』『十分に聞いてくれなかった』と不満をあらわにした」(解説:具体的な理由って、生徒の抗議自殺の重大さが分っていないのか?しかも「メリット」とは、何を勘違いしているのか?)

・「教員を総入れ替えする案については『生徒の心の傷は、同じ傷を味わった先生にしか癒してもらえない』と反発。『大切な仲間を奪われ、何もできないうちに体育科を奪われ、部活を奪われ、先生も奪われてしまうかもしれない』として、今後、総入れ替え中止のために行動していく考えを示した」・・・

・ケッ!冒頭に「年端も行かない」と書いたのは、「発言の甘さは容認する」というこの爺の愛情だ。しっかしま、ここまで言いたい放題を言われるとカチッ!と来る。これでは当節のクソガキ度を示す「クレナイ族」ではないのか?

・一応「大切な仲間を奪われ」とは言っているものの、続く「体育科を奪われ」「部活を奪われ」「先生も奪われてしまうかもしれない」を言ってしまえば、そこはもう「闇鍋の世界」で、被害者も加害者もゴッタ煮だ。この程度のオツムでは、とても「今後、総入れ替え中止のために行動していく」のは無理だろ?

« チャイナ共産党王朝を倒す3大勢力 | トップページ | 言ってやれ!ブレーキになるなら連立解消だと »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

実に悲しくも哀れな物語です。昔、女郎が壮絶な『折檻』によって、絶対服従を強いられ、年季が明けるまでヤクザに吸い尽くされました。 このイジ抜かれた生徒たちは、本能的に支配者におもねることしか出来ない!!   彼らを使って身の保身を願う学校運営者、教育委員会、存在価値はありません、!!     生徒諸君!君たちは暴力と暴言と甘言によって『マインドコントロール』されているのだ、               覚醒せよ!!               藤城

藤城孝久さま、

ご同意のコメント、恐縮です。体育会系(しかも年端の行かない高校生)は脳までが筋肉と揶揄されますが、この生徒らが正にそれです。抗議自殺した(してしまった?)2年生への哀悼の気持はソコソコに、教師に洗脳され、ビンタで奴隷にされた哀れな青春が垣間見られます。

この問題は何か変な方に行ってしまいましたね。 生徒の発言は常識的な発言だと思います。
現状の体制では新入生を迎えることが出来ないと言って、生徒募集を辞めてしまったのはいかにも知恵のない他人まかせの方法だと思います。
新入生を迎える4月までは未だ充分な時間があるので、まず、学校内の改革をすべきでした。
1~2ヶ月もかけて改革出来ないようでは、いくら時間をかけても良い案は出ないと思います。
また、在校生に対する体制をどうするつもりでしょうか。 それはきっちりやるから心配ないというなら新入生に対しても同じではないでしょうか。

冴ちゃん様、

コメント有難うございました。ブロガーとしては、旗幟を鮮明にしなければなりませんので、
私は自殺した生徒側に立って書いています。

しかし冴ちゃん様のようなご意見が有って当然です。貴重なご意見として、掲示させて戴きます。

追伸、 六十五歳に成っても大人になれない私が思うのですが、桜宮高校野の話、閉鎖社会で起こる深刻なパラノイヤです。 ドメスチィクヴァイオレンス、サディズム、マゾヒズム、と同質の病気です。将来のある大切な日本の『命たち』を守るには、生徒さんを病気もちの大人たちから、物理的に引き離す事が唯一の方策です。!!  病気を治すのは病院です。  無能で当事者能力の無い、病気の大人には改革はデ。キ。マ。セ。ン。ン。               藤城

藤城孝久さま、

コメント有難うございました。ヘボ剣士だった私が、「師範や諸先輩から、一度も体罰を喰らったことがない」と書いても説得力はありませんが、私が今机を置いている会社の友は、柔道五段で、懐かしい東京五輪・柔道中量級(当時)の強化選手です。

岡野という天才が、怪我もせずに予定通り金メダルに輝きましたから彼の出番は結局無かったのですが、その彼が「ビンタされたことも、したことも無い!」と言っているのは貴重な証言だと思います。

昭和17年生と言うと、いかにも野蛮な風土を生き抜いてきたように思われ勝ちですが、正直我らの世代には、悪しき日本陸軍の慣習が記憶に鮮やかだった世代だったのか、今の馬鹿体育教師が生徒を安易且つ速攻で服従させる体罰は有りませんでした。

 私のコメントなぜか消え去っていましたね。長すぎたからでしょうか。我意

我意さま、

それは大変失礼致しました。私は①明らかに商売のための、無関係なTBと、②悪意に満ちたツイート以外は削除したりしません。

我意さまのお名乗りも初めてですし、定かではありませんが@niftyが定めるコメント欄の大きさを超えてしまっていて受付けされなかったのか?コメント一覧にも存在しません。

お嫌でなく、お手元に控がございましたら、又(多少短くして)送ってみて下さい。

桜宮高校事件についてこれまで3度私の考えをあるところに書き送りました。 3度目はこちらの
 「生者の驕り」 というタイトルに惹かれてコメントをお送りしたのでした。pcのメモ帳に保存した文 が見つかりません。箇条書きで要旨を述べさせてください。 ① 同じ学舎で学ぶ身近な学生の痛ましい死に対し、誤解を恐れず言えば教師も学生も不感症過ぎるのではということです。保身ばかり。毎日非業の死を遂げる報道が続き、日本人の感性がおかしくなっている結果でしょうか。 ② 暴力をふるう指導者、教師は頭が悪い。生徒の体力、体質、技能の劣るところを科学的に説明して解決の方法を教える言葉と実践方法を教えるべき。テレビで科学的にというコメントを聞いたのは私が書き送ってから大分後でした。この頃はよくききますが。③続きます。

 学生の非業の死に悲しみと怒りを込めて書いた時の文章とは程遠いものですが。    
 ③  桜宮高校を受験予定の学生の親が何故「そんな恐ろしい学校には子供をやれない」という声が出ないのかということです。中学の学校長たちも含めて。見て見ぬふりをした教師なども、教師不適格者。みんな我欲ばかり。日数が経って今では皆で学校に改善を求めているようですが、先ずそういう声が起こるべきでした。暴力教師をほめる学生、親もいましたが、運が良かっただけです。主宰者様には言わずもがなですが、人には多かれ少なかれ他人に対し好き嫌い、苛めやすい人を苛める、贔屓する性分があります。教師は自戒すべき。生徒にはその子に応じた指導の処方箋を出せる教師であるべき。体罰が許されるのは、「生徒のふてくされ、嘘、、反社会的行為、暴言暴力を振う等の子に対し」一発だけ、それも共に涙を流せるときだけだと思っています。競技ではこの先生のために勝ちたいと思わせる指導者が理想…という要旨です。ないものねだりでしょうか。

我意さま、

長いコメント有難うございました。小学校に自分は立たされ坊主が多く、あちこちの教室の廊下に、何人も立たされていました。級長の私はガキ大将であったため常連でした。バケツに水を入れて、持って立っていました。体罰ってより愛嬌でした。不思議にビンタなど誰も一度も経験しませんでした。

クソガキの程度が落ちたこと、教師のレベルが下ったこと、学校長の権威が低下したこと、要は日本の民度が坂道を転げ落ちるように下っている象徴です。

教師による体罰を厳禁し、酷いクソガキには登校させなければ、イジメ問題も自然消滅して行くと考えています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生者の驕り:大阪市立桜宮高運動部生徒らの抗議:

« チャイナ共産党王朝を倒す3大勢力 | トップページ | 言ってやれ!ブレーキになるなら連立解消だと »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト