« アメリカ旦那も機嫌がいいのか?シーシェパードへの仮処分 | トップページ | パク・クネさん、おめでとう!:サウスコリア大統領選 »

電子書籍に期待する

2012年12月19日
(電子書籍に期待する)

http://mainichi.jp/opinion/news/20121218ddm002070133000c.html

・本屋さんが好きである。バス待ちの間は、必ず本屋さんに居る。今かつての文庫本が、凄まじい勢いで単行本化されているのが楽しい。電子書籍化の時代が目前だから、出版社も印刷会社も熱が入っている。最期の抵抗なのかも知れないが、本大好き人間にとっては素晴らしい今日この頃である。

・お蔭で、就寝前の未読の文庫本は山積みである。食い物さえ有れば、年の瀬だろうが正月だろうが、日永一日読書三昧が楽しめる体勢である。新書を紐解く時の独特のインクってか紙の匂いはたまらん。このままページに挟まれて、生を全うしても構わないとせ思っている。しっかしま、間違いなく電子書籍の時代が足下まで来ているのだ。

・阪急電車に乗る度に思う。スマホのゲームに興じているこの馬鹿共に、若い時だからこそ読まなきゃならない本が有ることを教えたい。例えば武者小路の【友情】でも、川端の【伊豆の踊子】でも、遅くても高校時代には読み終えなきゃ感動も何もないだろ?と焦るのだが、こ奴らは、生涯あの感動も感じることもなく行くのか?と諦める。

・成仏し切れない私は、「ひょっとして電子書籍なら、偶然にでも読む機会が有るのか?」と未練がましく思うが、「いや、やっぱこ奴らは、電子書籍マンガなのか?」と諦めたりもしている。いずれにせよ目の前の電子書籍時代である。毎日の「なるほドリ」のhttpから、電子書籍を分かりやすく。

・「◇端末からネットで購入 文字の大きさ変えられる なるほドリ・・・電子書籍(でんししょせき)が欲しくて本屋さんに行って探したんだけど、売ってなかったよ」

・「記者 電子書籍は活字を紙に印刷した本ではありません。出版社や作家が内容をデータ化し、ストア(インターネット上の書店)で販売します。読者はストアで購入し、パソコンや携帯電話、専用端末などに保存して読むんです」

・「Q ……。よく分かんない。使ってみたことはある?」

・「A 百聞は一見にしかず。私が買ったのは、秋に米アマゾンから発売されたばかりの専用端末『キンドル』で、値段は数千円、新書より一回り大きい程度で重さは約200グラム。ここから『キンドルストア』に接続し、電子書籍を買います。無線でインターネットを使える場所なら、画面に1回触るだけで接続できます。通信費もかからず、最初の設定をしておけば購入も簡単。“立ち読み”もできるんですよ」

・「購入した本を開くと紙の本の1ページ分が表示され、画面の端を指でたたくと先のページに進んだり、後戻りしたりします。通常のパソコンなどのディスプレーの表示方式とは違い、紙に印刷された文字に近い『電子インク』を使っていて目に優しいそうです」

・「ほかにも楽天(らくてん)やソニー、凸版印刷(とっぱんいんさつ)グループのブックライブからも専用端末が発売されています。一方、iPad(アイパッド)などタブレット型携帯端末は、電子書籍用アプリを入れて読みます。見た目は似ていますが、こちらはミニコンピューターといったところです」

・「Q 紙の本と読み方は違うのかな」

・「A 文字の大きさやレイアウトは自分の読みやすいように変えることができます。ただ、ページが変わるときに白黒反転するので、改善されるといいですね。私はいま、彫刻家の高村光雲(たかむらこううん)が書いた『幕末維新懐古談(ばくまついしんかいこだん)』を読んでいるのですが、昔の話なので知らない言葉も出てきます」

・「そのとき例えば文中の『文久(ぶんきゅう)3年』の文字をなぞると、『1863年』と教えてくれるような辞書機能との連動は便利ですね」・・・

・今カバンに①携帯と②読みかけの文庫本を入れているように、これからはスマホと電子書籍リーダが入っているのが日常になるのだろ?電子インクには接したが、タブレットPCの画面とは全く違い、シットリとした本の味わいが有った。

・少なくとも一定の年代以上は、通信用の携帯(スマホ)とは別個に、読書用の電子書籍リーダは手に入れたいものだ。

« アメリカ旦那も機嫌がいいのか?シーシェパードへの仮処分 | トップページ | パク・クネさん、おめでとう!:サウスコリア大統領選 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍に期待する:

« アメリカ旦那も機嫌がいいのか?シーシェパードへの仮処分 | トップページ | パク・クネさん、おめでとう!:サウスコリア大統領選 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト