« 日銀:こんな無能な総裁を、いつまで置いとくのか? | トップページ | チャイナも日本に「核武装してみろ」と言っている »

小林幸子:ま、スーパーマンの夫が何とかするでっしょ?)

2012年10月30日
(小林幸子:ま、スーパーマンの夫が何とかするでっしょ?)

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20121030/enn1210301131005-n1.htm

・ま、サゲマ◯が有るってことはサゲチ◯も有るのだろ?小林幸子もいい歳こいて、この自称「スーパーマン」に狂ってから散々だわ。元々彼女の歌で好きなのは【雪椿】くらいだし、私の大嫌いなさだまさし(60才)を頼っているというからどうでもいいのだが、(本人は否定しているが)旦那の口車に乗って今年4月に、その半生を小林に捧げて来たのだろう個人事務所幹部を解任したことから、坂道を転げ落ちはじめた。

・そのさだまさしが作詞作曲したという『茨の木』という歌のタイトルも嫌味だが、酒を呑んでいて聞こえた「耐えて耐えて♪」という歌詞も肌を粟立たせる。元はと言えば、全部オメェが悪いんだろ?

・「僕はスーパーマンだから」と言ったという旦那が付いているのだから、旦那が何とかするでっしょ?ZAKZAKのhttpからだが、大体報道はみんな、小林の苦境を楽しんでいる書き方だ。だから私も楽しんでご紹介する。

・「今年4月に起きた、個人事務所幹部解任騒動の影響で、34年連続紅白出場という悲願に黄色信号が灯っていた小林幸子(58才)。紅白出場へ並々ならぬ執念を見せる彼女は、いちるの望みに懸けて、17年間所属したレコード会社との契約を解除して、インディーズレーベルを立ち上げ、新曲を発売するという荒技に出た」

・「『兄ぃ』と慕うさだまさし(60才)に作詞作曲してもらい、10月17日に発売した新曲『茨の木』だ。しかし、29日付のオリコン週間ランキングで、同曲は初週売り上げがわずか1890枚だったことが判明。NHKの紅白出場候補リストから漏れたと一部スポーツ紙で報じられた」(解説:大体が「兄ぃ」とは品が無い!ザマミサラセだ!)

・「『話題性はあったものの、結局、インディーズレーベルからの発売ということで、それまではレコード会社がやってくれていた宣伝活動を自らやるしかなく、思うような宣伝効果を得ることができなかったのが、売り上げ低迷の要因だと思いますよ』(音楽関係者)」

・「紅白出場を逃すと、小林にはさらなる“茨”の道が待ち受けているという。『紅白に出場できなければ、地方での営業のギャラの値段は、かなり下がってしまいますし、本数も減ってしまうでしょう。さらに今後は新曲を出すたびに、宣伝キャンペーンなどの費用を自分たちで捻出しなければなりません。ますます、小林さんの台所事情は苦しくなっていくんじゃないでしょうか』(前出・音楽関係者)」・・・

・フェッ!フェッ!だ。さぁ、駒場の東大の一郭に事務所が有る(なんでだろ?)というスーパーマンの旦那の出番でっせ!・・・でも何で有名人の不幸ってのは、こうも面白いのだろ?

« 日銀:こんな無能な総裁を、いつまで置いとくのか? | トップページ | チャイナも日本に「核武装してみろ」と言っている »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

小林幸子、あの貧乏くさいご面相はいけません。まさにサゲ。マン(かなり臭います)。 小林幸子が『紅白』に出場しなければ、来年から日本の運勢は隆々です。         藤城

藤城孝久さま、

コメント有難うございました。小林幸子がクサ◯ンかどうか、コトに及んだことがないので分かりませんが、60近くなっての男狂い(ナモン、敵は金目当てに決まってますやん?)は、ミットモ無いですね。おかげで子供時代から築き上げたモノは全部「昇天」してしまったのでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小林幸子:ま、スーパーマンの夫が何とかするでっしょ?):

« 日銀:こんな無能な総裁を、いつまで置いとくのか? | トップページ | チャイナも日本に「核武装してみろ」と言っている »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト