« 男子サッカー銅メダル:サウスコリアは失格ではないか? | トップページ | 女子バレーの銅メダル表彰式が観たくて朝まで! »

ボクシングミドル級・村田選手:金メダル!

2012年08月12日
(ボクシングミドル級・村田選手:金メダル!)

Murata

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE87A00P20120811?feedType=RSS&feedName=topNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2Fjpedpicks+%28News+%2F+JP+%2F+Google+News+Editor%27s+Pick+%29&google_editors_picks=true

・いやぁ、地味ながら村田選手の金メダルは凄いことだ!何が凄いかって言うと、wikiの助けを借りながら、以下にオリンピックボクシングの階級を軽い順に述べてみよう。

・①ライトフライ級、②フライ級、③バンタム級、④フェザー級、⑤ライト級、⑥ライトウエルター級、⑦ウエルター級、⑧ミドル級、⑨ライトヘビー級、⑩ヘビー級、⑪スーパーヘビー級・・・だ。

・村田諒太選手は、日本人では勝ち上がるのが困難と言われる上記⑧の重いクラスで金メダルを取ったのだ。今回のロンドン五輪、男子体操個人の内村航平クンに続く、男子2個目の金メダルである。やった!おめでとう!ロイターのhttpから。

・「ロンドン五輪は11日、ボクシング男子ミドル級決勝を行い、昨年の世界選手権の銀メダリスト、村田諒太(26)がエスキバ・ファルカン(ブラジル)を14─13の判定(解説:1点差なんてのは、審判団に日本人が好かれているからだ。これがサウスコリアだったら??)で下し、金メダルを獲得した」

・「ボクシングで日本人選手が金メダルを獲得したのは、1964年東京大会の桜井孝雄(バンタム級)以来、48年ぶりで2人目の快挙(解説:そうだったよなぁ、その桜井選手はプロ転向後、スタイルだけ華麗なボクシングでパッとしなかった記憶が有るが)。日本勢にとって今大会6個目の金メダルとなった」

・「村田は第1ラウンドではカウンターが決まり、2ポイントをリード。第2ラウンドは1ポイント差で落としたが、その後も冷静に戦った。第3ラウンドで相手が反則で2点の減点を受け、村田が競り勝った」・・・

・さっきの「たかじん番組」でも、「ヨーロッパは小さな国でも年100億円以上のオリンピック強化費を計上するのに、日本だけは『事業仕分け』でドンドン削り、今や35億円!」なのだと?

・①軍事費を毎年削るのは、政治家に「国防の意識が無い」からだ。②オリンピック強化費を毎年削るのは、これも政治家が「死なない戦争=五輪競技」の持つ意味を理解していないからだ。

・そんな逆風の中、村田諒太クンは孤独に闘い、見事金メダルを取ってくれた。おめでとう!そして有難う!

« 男子サッカー銅メダル:サウスコリアは失格ではないか? | トップページ | 女子バレーの銅メダル表彰式が観たくて朝まで! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボクシングミドル級・村田選手:金メダル!:

« 男子サッカー銅メダル:サウスコリアは失格ではないか? | トップページ | 女子バレーの銅メダル表彰式が観たくて朝まで! »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト