« 女子レスリング吉田沙保里3連覇!なでしこは銀 | トップページ | 五輪メダリストには、飛び切りの報奨金を! »

吉田沙保里選手の3連覇を讃える前に

2012年08月10日
(吉田沙保里選手の3連覇を讃える前に)

http://www.j-cast.com/2012/08/03141855.html

・私は8月1日に、『ノムハムニダ:あんまりです!』というタイトルで投稿している。ロンドン五輪へのサウスコリアの抗議が、執拗過ぎることを皮肉ったのである。

http://olii-yuusaku.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-c8a4.html

・民族性だからといって、執拗過ぎるのは世界各国から成る審判団から見て「可愛くない国だ」という印象になる。論旨は次の通りだ。

・「神聖であるはずのオリンピック競技の判定に、サウスコリアのメディアが『ノムハムニダ!』の大合唱をしている。所詮は審判員だとて人間、日本への①有りもしなかった従軍慰安婦賠償問題、②日本海への「東海」併記要求など、度を越した(ってより、民族を表した)お国の活動が、国際的にも嫌われているのではないか?」

・「嫌われてもチャイナは人材の量で圧倒している。日本とかサウスコリアとか、アメリカやチャイナのような量で圧倒出来ない国は、『爽やかさ』『可愛さ』が必要なのではないだろうか?」・・・

・ところがである。バドミントンの故意に負ける無気力試合(組み合わせを有利にするため)が問題になって、①チャイナ、②サウスコリア、③インドネシア(だったか?)が失格となり、その天の援けも幸いしてノーマークだった日本のフジカキ組が銀メダルを取っている。これは日本国内でも未だマイナーなバドミントン競技の、底辺を拡げるのにどれだけ貢献したか分からないほどだ。

・そのバドミントンの無気力試合問題でも、サウスコリアは「謝罪しない!先に仕掛けた相手(チャイナ)が悪い」と強弁している。チャイナは謝っているのにだ。2つとも嫌いな国の代表格だが、ウンコとシッコに例えれば、さしずめ私の中では「チャイナはシッコ」「サウスコリアはウンコだ」ということになる。可愛げのない態度も、大概にしないといけない。J-CASTニュースのhttpから。

・「連日熱戦が続くロンドン五輪だが、その裏では誤審の続出や、スポーツ精神に反する無気力プレーが問題視されている。一連のトラブルでは、なぜか韓国人選手が巻き込まれているケースが多い(解説:可愛くない民族性が、世界的に有名になって来たからだ!)。韓国側は裁定への不満から抗議を連発。無気力試合で失格となったバドミントンでも、『相手が先に仕掛けたのが悪い』と不服を申し立てた」

・「韓国紙は『相次ぐ誤審は欧州国家の横暴』と持論・・・今回の五輪では、誤ったジャッジが頻発している。2012年8月1日に行われたボクシング男子バンタム級2回戦では、清水聡選手の対戦相手が何度もマットに倒れ込みながらレフェリーがダウンとみなさず、判定で清水選手の負けを宣告した。勝利を確信していた清水選手側は国際アマチュアボクシング協会(AIBA)に提訴、これが認められて清水選手は一転8強入りし、レフェリーは大会から追放された」(解説:賄賂でも貰っていたのだろ?)

・「韓国人選手では、フェンシング女子エペ個人の準決勝で申アラム選手が時計に泣かされた。ブリッタ・ハイデマン選手(ドイツ)との対戦で、同点のまま終了間際の残り1秒から時間が進まない。映像を見ると、ハイデマン選手の攻撃が2回繰り返された後、たまらず申選手が『おかしい』とばかりに大きく両手を広げて審判員にアピールしていた。結局、3度目の攻撃を防ぎきれずにポイントを奪われて申選手は敗退。だが場内の表示板は、試合終了後も残り1秒を差したまま止まっていた。収まらない申選手は涙にくれ、抗議の意思を示すためか会場に1時間ほど座り込んだという」(解説:気持は分かるが、次の試合に出る選手のことは考えたのか?)

・「水泳や柔道でも『不利な判定』が下されていたこともあり、韓国の世論は沸騰した。有力紙の朝鮮日報(日本語電子版)は8月1日、『タイムキーパーを務めていたのはボランティアの15歳の少女』と報じたうえ、審判の経験不足を批判した」(解説:コリアンはその、15歳のボランティアの少女の、この先の人生を慮ってやったか?)

・「中央日報(日本語電子版)は、『なぜ韓国だけが犠牲になるのか』と疑問を投げかけ、韓国の『スポーツ外交力』の低さを原因に挙げた。フェンシングは欧州、水泳は米国やカナダの勢力が強いと解説し、大学教授のコメントを引用して『相次いだ誤審はスポーツ強国を自負する欧州国家の横暴』と持論を展開した。(解説:ほらほら、「スポーツ外交力」でも何でもない。そのシツコイ民族性が嫌われているのだ)

・「申選手の判定について、韓国の五輪委員会が所属する大韓体育会(KOC)は国際フェンシング連盟(FIE)に抗議。その結果、申選手にはFIEから『特別メダル』が贈られることになったという。それでも満足できなかったのか、KOCは国際オリンピック委員会(IOC)に対して、申選手に銀メダルを授与するように要請する可能性を、複数の韓国メディアが伝えた。実際は、申選手は3位決定戦にも敗れてメダルを逃している」・・・

・眠い目を擦りながら、テレビで「なでしこジャパン」の銀メダル試合を観ていた私だけでなく、多くの日本人は「あ?これってアメリカの『ハンド』じゃないの?」と思ったシーンが有った。あれが無ければ、なでしこのシュートが決まっていたかも?のシーンだった。しっかしま、日本は委員会に提訴したりしていない。命の遣り取りをしているのではない、オリンピックはスポーツだからそれでいいではないか?

・世界バドミントン協会(そんな名前のテッペンは有るだろ?)は、謝罪しないサウスコリアを「無期限出場停止」にすべきである。レイムダックの大統領が、「独島(日本領・竹島)は命がけで守る!」と吠えているが、(そんなんはいずれドンパチやって奪い返してやる!)スポーツと戦争・スポーツと領土問題の区別もつかないような民族と、四の五の言ってても始まらない。「無期限出場停止」で対応すべきである!

« 女子レスリング吉田沙保里3連覇!なでしこは銀 | トップページ | 五輪メダリストには、飛び切りの報奨金を! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉田沙保里選手の3連覇を讃える前に:

« 女子レスリング吉田沙保里3連覇!なでしこは銀 | トップページ | 五輪メダリストには、飛び切りの報奨金を! »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト