« ウサイン・ボルト健在! | トップページ | チーム日本は、女子卓球でも銀メダル! »

薄気味悪かろうなぁ?チーム日本ってのは?

2012年08月08日
(薄気味悪かろうなぁ?チーム日本ってのは?)

http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2012/08/0807soccer/

・今、24年ぶりにチャイナをフルセットで破った日本女子バレーの、感動の思いの中で書き始めている。日付は未だ8月7日だが、書いている間に8日になってしまうだろ?日本女子バレーは近年ヘナチョコで、「なでしこ」などの冠名は戴いていない。単に監督の名を取った「真鍋ジャパン」である。執念ってか鬼気迫るってか、ホントによく頑張って、準決勝に駒を進めてくれたものだ。

・しっかしま、ここは一番、昨深夜というか今朝早朝というか、とんでもないプレッシャーの中、フランスの文字通り「怒涛の攻撃」を凌ぎに凌いで、決勝でアメリカと闘うことになった「なでしこジャパン」に記事を譲ろう。先ずはMSN産経のhttpを。

・「ロンドン五輪は第11日の6日(日本時間7日未明)、〝サッカーの聖地〟ウェンブリー競技場で女子の準決勝を行い、日本代表『なでしこジャパン』はフランスを2-1で下し決勝に進出。銀メダル以上を確定させた。1996年アトランタ大会で女子サッカーが五輪に正式採用されて以来、日本は参加4大会目で初のメダル獲得。日本にとっては68年メキシコ大会で男子が銅メダルを獲得して以来、サッカーで五輪2つめのメダルとなる」

・「日本は前半32分、セットプレーから相手GKが落としたこぼれ球を大儀見優季(ポツダム)が押し込んで先制。(解説:いつもドサクサ紛れというシーンには、この人妻が絡むので、思わず噴き出した!)後半4分には、再びセットプレーで阪口夢穂(日テレ)が頭で合わせて2点目を奪った。しかし同31分にルソメのシュートで1点を返された。同35分にはPKを献上したが相手のミスキックで難を逃れた。その後も相手の猛攻をしのぎ、逃げ切った」・・・

・ずっと声援を送っていたが、フランスにとって「なでしこジャパン」ってのは、正に「ハエか蚊かダニ」のように思えただろうなぁ。日本のシュートってのは3本だったか?それで2点奪取だ。フランスは30本近くシュートを放っていたのではないか?

・澤穂希に代表される「ハエか蚊かダニ」のようなイヤラシイ、粘っこい、鉄壁の守りの「なでしこジャパン」サッカーで、フランス戦の最高のダニは、ゴールキーパーの福元だったと言えよう。フランスにしてみれば、蹴り込んでも蹴り込んでも悉く福元がパンチングしたりセーブしたり。福元がその名の通り「福」の「元」だったのは、フランス最大のチャンス=ペナルティキックに、当の福元は反対側に飛んでしまったのに、キッカーが外してくれたことだろう。

・今日カナダに辛勝して決勝に出て来るものの、アメリカは今からこの、「ハエか蚊かダニ」と闘うことにウンザリしているのではないか?エースのワンバック、別嬪のモーガン、更に私の好きなゴールキーパーのホープ・ソロが居るアメリカチームだが、開始直後のアメリカの怒涛の攻撃さえ凌げば、「なでしこジャパン」の初の金メダルも夢ではない!

・おっと、表題の件である。もう読者の皆様もお気付きだろうが、個人戦はチョロイのに、団体戦になると日本は我前光って来る。①男子体操の銀メダル(解説:航平クンは金を取っているが)、②男子競泳メドレーの銀メダル、③女子競泳メドレーの銅メダル、④フェンシング男子の銀メダル、⑤バドミントン女子の銀メダル、⑥なでしこジャパンの決勝進出、⑦女子バレーのチャイナ撃破・・・

・倭寇の戦いぶりを記したチャイナの古文書に、「倭人は、一人の指揮者の下、一糸乱れぬ戦闘隊形に入る」とある。欧米諸国だけでなく、ロシア、チャイナ、果てはサウスコリアまで、「集団になると発狂集団となる日本人」に、今回のロンドン五輪を見ているだけで薄気味悪さを感じているのではないか?

・だから銀メダルまではご愛嬌なのだ。これでヒョッとして①なでしこジャパンが金メダル、②女子バレーも金メダル(解説:それは無いだろうが?)なんてことになると、暇な学者が「集団になると発狂集団となる日本人」などという本を出すかも知れないなぁ?「スポーツの力」というありきたりな言葉だが、ホント、パワー(特に女の子に)を貰っているのが分かる毎日である。

« ウサイン・ボルト健在! | トップページ | チーム日本は、女子卓球でも銀メダル! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

う~ん、「ハエか蚊かダニ」か。 私は「猟犬かハイエナ」のように感じていましたが・・・・・・。
どちらにせよ、個々は大したことはないが、集団になると相手の恐怖になるという点で同じですよね。
但し、スポーツをする彼等・彼女等には敬意を払って「猟犬」が一番ふさわしいように思います。

冴ちゃん様、

コメント有難うございました。ユンベも忙しく声援していました。女子卓球3人組の団体戦は、見事日本史上初という銀メダルを取り、やっぱ「薄気味悪かろなぁ?」になってくれましたが、男子サッカーは善戦及ばずメキシコの軍門に降りました。あとはなでしこの死闘に賭けるだけです。

いやぁ、相手選手にとっては、「ハエか蚊かダニか?」と感じるだろなぁ?と思っただけで、決してカワユイ彼女らをそう思っているワケではありません。猟犬のイメージでも結構ですよ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薄気味悪かろうなぁ?チーム日本ってのは?:

« ウサイン・ボルト健在! | トップページ | チーム日本は、女子卓球でも銀メダル! »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト