« はじまりましたね、チャイニーズ暴動 | トップページ | 借用画像だから仕方が無いが:女子バレー »

さぁ、ロンドン五輪だ!

2012年07月28日
(さぁ、ロンドン五輪だ!)

Photo

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012072890135616.html

・ま、日本時間の明け方の開会式放映だから、真面目なら早寝・早起きで見るべきだったのだろうが、不良老人なので酩酊して、殆ど失神状態でロンドン五輪の開会式を、それでも義理堅くナマで見たぞい!

・いつのオリンピックからこんなに豪華絢爛なアトラクションをやるようになったのか?いつから開会式の入場もダラダラとした閉会式っぽくなったのか?定かではないが、今更のように東京五輪が懐かしい。各国代表の凛々しい入場行進に混ざって、選手1名だけという発展途上国からの選手の健気な行進の姿にも泣けたものだった。先ずは東京新聞からロンドン五輪開会式の詳細httpを。

・「ロンドン五輪は二十七日午後九時(日本時間二十八日午前五時)、当地の五輪スタジアムで開幕した。エリザベス女王が開会を宣言。日本選手団は総勢五百十八人のうち選手四十四人、役員ら三十二人の計七十六人が入場行進(解説:ダラダラと歩いていただけ!)し、スポーツの祭典の幕開けに決意を新たにした」

・「ロンドンでの開催は一九〇八年、四八年に続いて三回目で、同一都市では最多。二百四の国と地域から一万五百人が参加し、十七日間にわたって二十六競技三百二種目で熱戦を繰り広げる。『近代スポーツの母国』として、スポーツマンシップの継承や若者のスポーツ参加促進の意味を込め、テーマに『世代を超えたインスピレーション』(解説:意味不明!)を掲げた。

・「日本選手団は真っ赤なジャケットと真っ白なズボン姿で入場。旗手を務めたレスリング女子55キロ級の吉田沙保里(ALSOK)は満面の笑みで手を振った。式典前半のアトラクションは、馬や羊、アヒルなどが戯れる英国の田園風景から始まった。産業革命や戦争を経て現代に至る壮大な歴史ドラマが展開。演出には英国が世界に誇るファンタジー、コメディー、ロックなどの要素が随所に織り込まれた」

・「エリザベス女王の登場前には、映画『007』の主人公とともに、女王がヘリコプターからパラシュートで降下する映像が流れ、喝采を浴びた」(解説:こういうジョークは日本人には真似出来ない!ユニオンジャックのパラシュートの女王が最高に可愛かったので、表題下の画像はZakZakから拝借した)

・「聖火の最終ランナーは英国の十代の選手七人。参加各国の名が刻まれた花びら形の銅器に次々と灯がともり、各国の炎がスタジアムの中央に集まって巨大な聖火台となった。歌手ポール・マッカートニーさんによるビートルズのヒット曲『ヘイ・ジュード』がフィナーレを飾った」

・「二十八日は柔道や射撃などで日本勢のメダルが期待される。ロンドン五輪は日本が五輪に初参加したストックホルム大会から百年の節目となる。わずか四人の選手団から始まった歩みは戦火による断絶や東京五輪の栄光などを経て数々のドラマを生んできた。『運命を感じるし、光栄に思う』。開会式で、手を振りながら笑顔で行進した団長の柔道金メダリスト上村春樹さん(61)が、百年前に思いをはせる。一九一二年、日本が初の五輪に挑んだストックホルム大会は、講道館柔道の創始者で知られる大先輩、嘉納治五郎が団長だった」

・「だが、今回の五百十八人の大選手団と違い、当時は嘉納以下四人。選手はマラソンの金栗四三(かなぐりしそう)と陸上短距離の三島弥彦だけだった。三島は現地から『(競技場は)一回りが四百メートルもあります』と初々しい興奮を伝えている」

・「徐々に力をつけた日本は、二八年のアムステルダム大会で陸上男子三段跳びの織田幹雄が初の金メダルを獲得。三六年ベルリン大会では『前畑がんばれ』の実況で知られる競泳の前畑秀子が女子初の金に輝いた。だが、東京開催が決まった四〇年大会は第二次大戦の影響で中止。日本は戦後の五二年ヘルシンキ大会まで五輪から遠ざかった」

・「悲願の東京開催となった六四年、日本は女子バレーや体操などで十六個の金を獲得する。戦後日本の復活を印象づけた金メダルラッシュは、現在も二〇〇四年アテネ大会と並ぶ最多記録だ」

・「初のロンドン開催となった五輪は百四年前。終戦直後の二度目にも参加できなかった日本にとって、今大会は初のロンドン五輪だ。開会式を終えた上村団長は『いよいよ始まったとの思いが強くなった。サッカーの女子と男子が続けて勝ち、いいスタートを切れたので、このままの流れで突き進みたい』と気を引き締めた」

・「百年前の団長を務めた嘉納は、心身の力を最善に生かし、互いに栄えるという『精力善用、自他共栄』の言葉を残した。五輪精神とも通じる教えを胸に、上村団長率いる日本選手団が新たな歴史を刻む」・・・

・うぅん、百年前のたった4人の出場だった日本に思いを馳せ、中々良い記事だと思う。このクソ暑い夏をさらに熱くする熱戦が17日間も繰り広げられるのだ!テレビ応援しか能のない爺だが、日本選手に熱い声援を送ろう!フレー!フレー!ニッポン!!

« はじまりましたね、チャイニーズ暴動 | トップページ | 借用画像だから仕方が無いが:女子バレー »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さぁ、ロンドン五輪だ!:

« はじまりましたね、チャイニーズ暴動 | トップページ | 借用画像だから仕方が無いが:女子バレー »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト