« 何を今さら川端柳:北朝鮮ミサイルの蔭にチャイナ | トップページ | ゼニで政治力・外交力の無さをカバー! »

茶のしずく石鹸騒動

2012年04月21日
(茶のしずく石鹸騒動)

Photo_2

http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20120421ddlk28040442000c.html

・写真の美形は、ご存知【悠香の茶のしずく石鹸】のCMを長らく勤めた元宝塚の大スター:〔真矢みき〕である。このCMの、「あきらめないで!」が大ヒットし、【悠香の茶のしずく石鹸】の拡販に大々的に貢献した。

・しかし「CMタレントの不祥事」がCM元のイメージダウンに繋がったため、解雇される例は多々有るが、CM元の製品の問題で「CMタレント」のイメージダウンになる例は珍しい。

・このCMのヒットで、〔真矢みき〕は『花王』や『カゴメ』のCMにも起用されていたが、はて?今はどうなんだろ?私がサラリーマンだった頃、勤務先の光学系メーカー販社は、当時人気急上昇中の〔中森明菜〕をCMに起用し、直後に彼女のスキャンダルで慌ててCMを取り止めたことがあるが、それが一般的な例だろう。

・それにしても「自然成分」ってのは、結構怖いものなんだ?有名化粧品メーカーの「リフトパック」の卵白成分が「卵アレルギー」のユーザーに深刻なダメージを与えてしまったり、今回の【悠香の茶のしずく石鹸】の場合は、「小麦成分アレルギー」が騒動の元だと聞く。ではhttpから詳細を。

・「福岡県の化粧品製造販売会社〔悠香〕が販売した「茶のしずく石鹸(せっけん)」を巡る全国一斉の集団提訴。地裁姫路支部には20〜60代の7人の女性が提訴し、慰謝料など1人当たり1000万〜1500万円計7500万円の損害賠償を求めた。7人の内訳は姫路市6人、赤穂市1人。提訴後には弁護士と原告の1人の赤穂市の主婦(67)が記者会見を開いた」

・「主婦は06年7月ごろから同石鹸を使い始めた。毎朝パンを食べ、夫と一緒に近くの山に登るのが日課だったが、10年11月の下山中に意識を失った。更に11年2月にも自宅に戻ってからトイレで倒れた。同11月に新聞報道を見たことをきっかけにこの石鹸が原因と分かったという。主婦は会見で、『ピザ生地を作るため小麦粉に触っただけで、湿疹が出たこともあった。(アレルギーと)一生付き合っていかなければならない』と話した」

・「『茶のしずく石鹸被害救済姫路弁護団』の山崎省吾団長は『言い逃れせずに、誠実な対応をとってほしい』と訴えた。弁護団は23日午前10時〜午後4時に『茶のしずく被害110番』(079・284・3517)を行う」・・・

・うぅん、「自然成分イノチ」の中小企業は、例えばシャンプー剤などでも「大手メーカーのものはみな、元は石油です。要は『石油で頭皮を洗っているのと同じイメージです!」などと口コミするが、はて?その「石油で頭皮を洗っている人々」から被害者は出ているのだろうか?

・私の場合は、25回の抗がん剤の副作用なのか皮膚体質が変ってしまい、①頭皮はコラージュシャンプー、②体は「カリ石鹸と水、グリセリンコラーゲン」の液体石鹸でないと、たちまち真っ赤に腫れ上がる。ガキの頃からの『牛乳石鹸』でも全身が真っ赤になって、一晩中のたうち回った!これもアレルギーなのか?・・・

・原告団の気持は解るが、訴えられた〔悠香〕を潰してしまっては元も子も無くなる。しかも「僅か7人」からの損害賠償だ。ユーザーの全てがアレルギー症状を示しているわけではないだろうが、別の記事には「判明しているアレルギー発症者は471人で、そのなかの66人が重篤な症状を示したと言われている」とある。例えばその471人が訴えたら、賠償金換算は50億円を超える。

・姫路弁護団は、もちっと「全国区」を視野に入れ、例えば訴訟を1000人と想定し、〔悠香〕の支払い能力を5億円と見積もったら@は50万円になるだろう?勿論重篤度による上下は有るだろうが、「姫路弁護団だけの世界」ってのは納得出来ないがなぁ?

« 何を今さら川端柳:北朝鮮ミサイルの蔭にチャイナ | トップページ | ゼニで政治力・外交力の無さをカバー! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

憲坊法師さま、

ご不自由な手で、TB有難うございました。私もたまり醤油で大きくなりましたので、
時々ネットで飛騨方面からたまり醤油を取り寄せて食しています。その奥深い味は
美味いだけではなく、少年の頃の記憶にまで瞬時に誘(いざな)ってくれます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶のしずく石鹸騒動:

» 小麦は体に良くない! [末期高齢者憲坊法師のなんでもありの徒然草]
比較的名古屋の文化圏に近いところでご幼少のころをお過ごしあそばされた私はトロンとした溜り醤油が好きだ。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%86%A4%E6%B2%B9#.E9.86.A4.E6.B2.B9.E3.81.AE.E4.B8.BB.E3.81.AA.E7.A8.AE.E9.A1.9E 溜り醤油は小麦と言う増量剤を使わない本物の醤油である。 ところが、これだけ喧伝されても「小麦を使わない本物の醤油」..... [続きを読む]

« 何を今さら川端柳:北朝鮮ミサイルの蔭にチャイナ | トップページ | ゼニで政治力・外交力の無さをカバー! »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト