« 茶のしずく石鹸騒動 | トップページ | 回想:2009/04/22(水):【和歌山毒物カレー事件】 »

ゼニで政治力・外交力の無さをカバー!

2012年04月22日
(ゼニで政治力・外交力の無さをカバー!)

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120421/fnc12042121420009-n1.htm

・ったく、政治・外交力の無能をゼニでカバーするのは自民党政権以来オンナジだ。テメェの甲斐性の無さをゼニでカバーする、民主党政権に変ってもオンナジだ。宮澤政権の折と同じで、ゼニだけ毟り取られて世界中から感謝されないってか馬鹿にされる構図はオンナジだろうに?

・一口に600億ドルと言うが、それは5兆円に近いゼニではないか?喘ぎ喘ぎの日本のゼニを、ポンと「国際通貨基金(IMF)の資金増強のため」に拠出してもいいのか?取り合えずはhttpから詳細を。

・「先進国と新興国による20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で焦点となっていた国際通貨基金(IMF)の資金増強では、日本の600億ドルの拠出が目標達成の大きな呼び水になった。IMFなどは日本の貢献を評価。政府もこれをてこに新興国の台頭で低下する国際舞台での存在感を高めたい考えだ」

・「『日本はIMFの資金強化に大きな貢献を果たせた』。安住淳財務相は20日、G20閉幕後の会見でこう自賛した。ユーロ圏以外では日本が先陣を切って最大の資金拠出を表明し、追随する国が続出。IMFのラガルド専務理事は『日本が(全体を)主導した』と最大限の謝意を示した」

・「日本がいち早く多額の拠出を決めたのは『欧州の安定が(為替や株式市場を通じて)日本経済に直ちに跳ね返る』(安住財務相)からだ。逆に欧州経済が混乱すれば『安全資産』とされる円が買われ、円高が急激に進行して日本経済は打撃を受けかねない」

・「最近の国際会議では、新興国に押されて日本の影が薄くなっていることも資金拠出へ前のめりにさせた。財務省同行筋は『中国への対抗意識もあった』と明かす。政府は資金拠出で欧州やIMFに『貸し』をつくり、今後、日本の主張に同調してもらいやすくなると期待する。ただ、今回の資金増強交渉でIMFの最大出資国の米国が当初から拠出を拒否。これが第2位の出資国の日本が主導権を握る上で有利に働いた点も否めない。市場では『今回の流れを作った点は評価できる』(エコノミスト)とするが、国際勢力図が変わる中、日本が埋没する懸念は依然として残されている」・・・

・なんだ?アメリカ旦那の、「オレッチは出せネェから、オメェンチで出しときな」って意向かよ?子分の日本としては「ヘイヘイポーラ!」だったのかよ?

・ゼニの出し方は難しい。チャイナを今日の「金満・バブル国家」に仕立て上げたエンジンは、間違いなく日本のODAというゼニだろ?そのチャイナから脅されまくって、尖閣諸島はおろか、沖縄まで狙われているとは??

・村会・町会・市会・県会議員と順番は有るが、皆「地域のため」に粉骨砕身するのがその議員の役目だろ?翻って国会議員とは、①国防・安全保障と、②為替と、③地方行政の「目安処」だけと割り切っていいのだが、今回はその②のために5兆円も拠出したのか?

・しっかしま、世界NO1.の経済大国であるアメリカと、世界NO2.のチャイナが知らんプリしているのに、3.11大震災から復興もままならない日本が何故、そんなゼニを出さなきゃイケンのか?昔から「生きゼニを使え」と言われているが、この5兆円はホント、生きゼニなのだろうか?私には「政治力・外交力の無い日本」が、又「嵌められたのか?」と思えて仕方ないが・・・

« 茶のしずく石鹸騒動 | トップページ | 回想:2009/04/22(水):【和歌山毒物カレー事件】 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼニで政治力・外交力の無さをカバー!:

« 茶のしずく石鹸騒動 | トップページ | 回想:2009/04/22(水):【和歌山毒物カレー事件】 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト