« これこそ「要らぬお世話」だろ? | トップページ | 蓮舫の失脚、ザマ見さらせ! »

いや、最近の日本だったら解らないぜ:真っ先に非難した伊船長

2012年01月18日
(いや、最近の日本だったら解らないぜ:真っ先に非難した伊船長)

http://www.j-cast.com/2012/01/18119225.html

・座礁事故から真っ先に逃げ出したイタリア人船長だが、助かった日本人乗客によれば「救命ボートもクルージングスタッフの方が多かったですよ!」・・・つまりは「身に危険が迫ったら、それ逃げろ!」と現代風なのである。「日本では考えられない」という論調が多いが、果たしてそうだろうか?世界中に個人主義が蔓延した現代、世界中みんなこんな風なのではないか?

・この船長は人がいいってか、ハナからアホだったのだろ?料理長出身の島を過ぎる時、わざわざ「ほら、君の故郷だよ」と海路を外していた。「危ない!近付き過ぎだ!」と料理長が叫んだ時にはもう、浅瀬の岩が船底を切り裂いていたようだ。

・httpが生々しい。「座礁事故を起こしたイタリアのクルーズ船【コスタ・コンコルディア】に乗船していた日本人観光客が帰国し、当時の様子を振り返った。船長は真っ先に避難、乗員も乗客より先に救命ボートに乗り込んだ事実が明らかにされた。一部の乗客はボートに乗れず、はしごを使って飛び降りる危険を冒さざるを得なかった。一方船長は、港湾当局から繰り返し船に戻るよう命令を受けても拒否し続けた。無責任船長はどのような罪に問われるのか」・・・

・この船長の言い訳がふるっている。「私は何処にも行っていない。船のすぐ近くのボートから指示を出しています!」・・・18日現在で死者は11人、20人以上が行方不明という大事故なのだが、43人全員の無事が確認された日本人乗客は、呆れ返って当時の様子を赤裸々に語っている。

・日本人乗客が一番アッタマに来ているのは、①「船は沈まないから安心してください」と言うばかりで、正確な状況を知らせなかった船長以下のクルージングスタッフにであり、②危ない!と解ったら、この「船長以下のクルージングスタッフ」が真っ先に救命ボートで逃げた無責任さであろう。

・当局の担当者は、「船に戻れ。乗客が何人取り残されているのか報告しろ」「戻って脱出のための指揮をとらないか。なぜ戻らないんだ」と再三、厳しい口調で促しているが、テレビの生声では船長の「お願いします(戻れと言わないで下さい)」が何とも小心でオッカシイ。

・ま、死んだ方々は気の毒だが、若い頃ドイツでタクシーの乗るたびに、「日本人か?今度はイタリア抜きでやろうぜ」と必ず言われたものだ。幾ら日本人が平和ボケと言っても、①チャイナの新幹線に乗る、②イタリアの豪華クルーズ船に乗るってのは、家族で「水盃の別杯」を交わしてからだろ?

« これこそ「要らぬお世話」だろ? | トップページ | 蓮舫の失脚、ザマ見さらせ! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

私こと、一大決心をして、今夜からシンガポールにいってきます!娘二人と最初で最後の親娘旅行になりそうなので。無事に楽しめますように。

寅どしより様、

ご連絡有難うございました。シンガポールとは良いところに・・・チャイニーズ系7割、原住民系2割、インド系1割と言う混在国家ですが、気候も温暖で治安もよく、第一日本人が一番好む清潔な街で食べ物も美味いです。旅の恙無いことをお祈りしています。

それにしても85歳の女性の海外旅行とは!?・・・感服しております。行ってらっしゃい!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いや、最近の日本だったら解らないぜ:真っ先に非難した伊船長:

« これこそ「要らぬお世話」だろ? | トップページ | 蓮舫の失脚、ザマ見さらせ! »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト