« もうイカンなぁ? | トップページ | 尖閣諸島に陸自の基地を! »

華が無いのは?

2010年12月10日
(華が無いのは?)

・演技力とか好き嫌いではない、華の話である。例えば兄・萬屋錦之助と弟・中村嘉葎雄では、華は全部兄に有った。兄・渡 哲也と弟・渡瀬恒彦も同じで、弟は兄の華には遠く及んでいない。兄・若山富三郎と弟・勝新太郎では弟に華が有った。兄・松方弘樹と弟・目黒祐樹では兄、姉・真野響子と妹・真野あずさでは、やっぱ姉に華が有るだろう。だから華とは厄介なものである。

・2000年だったというからもう10年にもなるが、『21世紀の石原裕次郎』として、裕次郎のカミさんや渡 哲也らが〔徳重 聡〕なる青年を選んだ時には、その余りの眼力の無さに「オイオイ!」となったものである。5万2000人の中から選ばれ、10年前の1億円を獲得したこの坊やだが、①農協青年部のような田舎臭い風貌には全く華が感じられず、②名乗りの徳重 聡にもスター性が感じられなかったものだ。

・はたしてどうだ?10年も啼かず飛ばずで、もう「トクシゲ サトシ」なんて、誰の口の端にも乗らないだろう?ところがところがである。石原プロの意地ってか?テメェらの眼力が無かったことを糊塗するためか?その徳重 聡(32歳)が連ドラの初主演なのだそうだ。来年1月30日スタートのテレ朝系ドラマ:【Dr.伊良部一郎】の精神科医を演ずるっていう。

・ま、あたってくれることを祈るが、私は観る気はしない。華って奴は生来のもので、或る意味『天賦』のものなのだ。脚本が面白くっても脇を達者が固めても、主役に華が無ければ・・・うぅん、あたるかなぁ??

« もうイカンなぁ? | トップページ | 尖閣諸島に陸自の基地を! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ドラマが「アタル」のと「役者」があたるのではちょっと違うような。。。

憲坊法師さま、

2時間ドラマ解説博士に生意気言いました。しかし一般的には
華の無い役者が主役だというと、見る気にもならないのです。

映画は①スペースバトルシップ・ヤマトと、②ロビン・フッドは、
行って観たいのですが、最近の映画館は暖房も無く、必ず
風邪をふきますからねぇ・・・

お説のとうり、華がなくては芸の力だけではだめなのです。
昔、菊、吉よりも15代目羽左衛門!花の橘やでした。

ところで、今の幸四郎と吉右衛門はどっちでしょう?
華は兄かなとも思うけれど、私としては、弟の方が好き
です。難しい問題です。

寅どしより様、

コメント有難うございます。確かに昔は、万之助より染五郎に
華は有りましたね。「野薔薇咲いてる 山道を・・・・・♪」など、
今でも唄ってますもの・・・

しかし時が流れて、華は万之助改め吉右衛門に移ったと考え
ます。父・幸四郎と、全く同じ声というのも懐かしいじゃありま
せんか!【鬼平犯科帳な】んざ、近代の時代劇の傑作だ
と思います。

さっそくお返事恐縮です。
鬼平犯科帳はだいすきでした。
近頃の時代劇はどうもいまいちで。、
八丁堀の七人の再放送など見ています。
剣客商売もよかったのに、あれは
藤田まことの華でしょうね。

寅どしより様、

関西系では不思議なことに、【鬼平犯科帳】の再放送を
2局同時に流しています。勿論違う内容なので、チャンネルを
忙しくクリックして冒頭部分をチェックし、その日の気分の
向いた方を観ています。

まことさん、好きな役者でした。あの馬面は現代では珍しい
ヅラの似合う顔でしたのに惜しいことをしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 華が無いのは?:

« もうイカンなぁ? | トップページ | 尖閣諸島に陸自の基地を! »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト