« ノーベル賞に想う | トップページ | 祝10,000件アクセス! »

出し抜かれるマヌケが悪いのだ!

2010年10月7日
(出し抜かれるマヌケが悪いのだ!)

・日本のマスコミは、何かと言うと「また韓国に出し抜かれた!」と悪意の篭った怨み節で書くが、国際競争は「出し抜かれるマヌケが悪い!」のだ。日本がモタモタしているFTA=自由貿易協定を、横から掻っ攫って行ったというのだ。イ・ミョンバクは元々苦境から這い上がった商売人だ。意思決定の早い大統領制をバックにすれば、日本の動きはスローモーション映画のように見えるのだろう。アラブに原発を売り込まれたのは、その典型だ。

・日本では、韓国人が一番多いと言われる大阪でも、現代自動車(ヒュンデ)が走っているのは見かけないが、①韓国の対EU輸出にかかる関税の80%が撤廃され、②対韓国輸出では67%が撤廃されるというのだ。これは車だけの話ではない。液晶テレビからパソコンに至るまで、日本は韓国相手に苦戦となること畢竟(ひっきょう)だ。

・でまたノーベル賞の話になる。「所詮ノーベル賞受賞者も出せない国の製品ですよ!」と言いたいのはヤマヤマなれど、圧倒的な購入力を持つ世界の新興国も、ノーベル賞とは無縁な国だ。若しかして「ノーベル賞よりノーベル飴」の方が有名なのかも知れん。

・しっかしま、韓国男に入れあげる日本の国辱的オバサンたちだけでなく、最近は韓国娘のグループに日本娘が入れあげている世紀末の様相だ。私が一線に居たころ、「日本を韓国が追い抜くのは時間の問題だ」などと言われたが、私はこう言ってやったものだ。「韓国は、怨みだけがパワーでは、日本を決して抜けないよ。日本はアメリカにコテンパンにやられながら、怨みもせずひたすら憧れてここまで来たんだ!」・・・

・しかし世代がドンドン交代して、支那の因循姑息な民度に比べれば、韓国の民度は「日本への怨み辛み」を希釈して行っている。だから当時の私の呪いの言葉はドンピシャ当たっていたが、逆を言うと今はもう、韓国は日本を追い越せる要件を整えて来ているわけだ。だってイ・ミョンバク大統領自身が親日家で、日本から学び倒して来たと言っているではないか?

・政権交代も結構、バラマキ政策も結構だが、「また韓国に出し抜かれた!」と言っているようなセンスでは、もう『日本沈没』は本当に近いなぁ・・・

« ノーベル賞に想う | トップページ | 祝10,000件アクセス! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出し抜かれるマヌケが悪いのだ!:

« ノーベル賞に想う | トップページ | 祝10,000件アクセス! »

最近のトラックバック

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト