« 誰も責任を取らないのかよ? | トップページ | キッモチワル! »

佐藤ゆかり参議院議員

Photo 2010年7月14日

・我が尊敬する先輩・憲坊法師(YAHOOブログ)が、「故郷静岡県人の意地に賭けて」今回の参院選では〔片山さつき候補〕に投票し、見事当選させたと鼻高々である。私の行きつけの、大阪のオバハンもオンナジ投票行動に及んでいる。理由は「かわいい~~!」の一言である。元オヤジの〔舛添〕ファンだっただけに、元オヤジの急激な凋落が、彼女の投票行動に影響していると私は読んでいる。その轍で言えば、私らにとっては憧れの大学なれど、『ザ・プラウドワン代表』の憲坊法師が、意識の裏に抱いている東大への憧憬を投票行動に表わしたのかも・・・(「ウッセェ!違うワイ!」の声が、即刻聞こえて来る!)

・かく言う私は、ハナから『ねじれ』を狙って「比例区(何度も言うが、絶対全国区に改めるべき!)は、〔佐藤ゆかり〕と決めていた。東大ではないが、上智大入学⇒コロンビア大政治学部卒⇒同大学院国際関係学修了の才媛で論客のベッピンさんを、いつまでも浪人させておいては、国家の損失である。

・当然憲坊法師や私のような人は多かったらしく、二人とも悠々の当選だった。〔日教組の輿石〕=〔金丸 信の後継者〕(と、提灯持ちは絶叫していた!)などに比べ、二人とも爽やかな当選風景だった。党派を超え、日本の一流政治家として、お二方の活躍と成長に期待したい!

・本日は、私のブログには珍しい『絵』である。2006年1月13日、大阪で独りの私を励まし続けてくれていた『師匠』が、65歳で急逝した。私が新卒で勤めた『外資系コンピュータ販社』での上司だった。悲しくて千尋の海底に沈んで行く遣り切れない思いを、何とか転換させたかった。「悲しんでばかり居ては、師匠も浮かばれめぇ!」と、下手な絵を描いたものだ。

・独り旅に出かける師匠を待つ来世、そこには師匠が好きだった①賢くて、②頭の回転が速くて、③美形な女性が待っている必要が有った。祈るような気持で、その役を小泉チルドレンで脚光を浴びていた〔佐藤ゆかり〕さんに勝手にお願いし、私の絵に許可も無く登場して戴いた。今日久々に観ている。旅立とうとする師匠も可愛いし、待っててくれている如来(菩薩?)のゆかりさんも綺麗だ!あれからもう、4年半が経つのか??・・・

« 誰も責任を取らないのかよ? | トップページ | キッモチワル! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ウッセー! 東大が何だってンだ! 落ちたもんはシャーネーじゃねぇか。

絵は相変わらずいいねぇ。神道のコチトラには浄土なんかはないけんども。

憲坊法師さま、

東大でなくてよござんした。東大出てたら今頃は箸にも棒にも
大川の杭にもかからぬ『権謀法師』になられてましたゾイ!

大川の杭って言えば『ふんどしの川流れ』をご存知なりや?
「クイにかかったら離れねぇ」なんざ、昔はソフトの岩波さん
(健在?)、今では独法のクサレ天下り官僚ですわなぁ。

神道の場合は、魂(も)玉と砕け散って宇宙の塵となるんで
しょう。スッキリしていいですね。

憲坊法師さま、

TB有難うございました。貴ブログで謝意を述べるのか、
テメェのブログでそれをするのか知りませんので、とり
あえずここで。

それにしても自民党、『昔の名前で出ています』ではこの先
無いなぁと。鉄道オタクだろうとキャンディーズおたくだろうと、
油揚げ風に脂ぎっていようと、この際『論客』・石破あたりを
立てないともう持たないのではないか?・・・と。

ただ整形をしてからね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤ゆかり参議院議員:

» 自民党よ、喜んでいる場合ではない [末期高齢者憲坊法師のなんでもありの徒然草]
残念ながら私が投票した東京地方区の自民党候補は当選できなかったが、比例では片山さつきさんに投票したのが、見事に当たった。 彼女を選んだのは簡単な理由からである;65歳以上のすべての自民党候補者が持ち合わせていない論理的、数理的知能を持ち合わせている数少な〜〜い候補者だったからである。 この選挙結果に自民党は喜んでいる場合ではない。今度の選挙は政策論争なんか全くなかったのだ。 民主党の敗因は ルーピー(白痴、低脳、知恵遅..... [続きを読む]

« 誰も責任を取らないのかよ? | トップページ | キッモチワル! »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト