« 地デジを投票制度改革の目玉に! | トップページ | 私の腎臓あげる! »

剛毅に子供手当・8642万円!

2010年4月24日

・ホラホラ、早速始まったぜ!日本国として何にもメリットが無いと思われる『出稼ぎ外国人の子供』への子供手当てだが、兵庫県尼崎市在住の50歳代の韓国人の男性が同市役所を22日に訪れ、「タイで養子縁組した554人分の子ども手当の支給を申請(奥さんがタイ人)」したというのだ。これが受理されれば、年間の支給額は『8642万4千円』だが、市は「養育の実態がない」として、不受理にした。

・それ見てみぃ!日本人にもアホは多いが、この天下の悪法(私は徳川五代将軍・綱吉の発した『生類憐れみの令』より酷いと思っている)を利用しようとするアホ外国人、ワル外国人が、これから手を変え品を変えて申請に現れ、それに対応する地方役人の労力と費用は膨大なものになるぞ!

・この夏の参院選で、「絶対民主党に過半数を取らせてはイケン!」とする新党の乱立は、①既成:〔みんなの党〕に続いて、②老人クラブ:〔たちあがれ日本〕、③クビ長連の:〔日本創新党〕、そして④ヤドカリっぽい:〔新党改革〕と騒々しいが、異口同音に「今の政権は革命政権であり、国民の関心を得るためにはバラマキを恥じない」と叫ぶ。

・その革命政権も①高速道路無料化では、逆に値上げ、とか、②国外、せめて県外と大法螺吹いた普天間問題も、どうやら現行案の小ぶりな修正になるようだ。テッペン二人のゼニの問題は頬かむりのまんまだし、乱立新党が騒々しく喚かなくても、民主党にまた投票して過半数を取らせようというアホは、日本国の良民には居ないとちゃいますか?

« 地デジを投票制度改革の目玉に! | トップページ | 私の腎臓あげる! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

織伊 様

「子供手当て」と称するばら撒きのニュースを耳にする度に、15年前の
ことを今も鮮明に思い出します。

住んでいる教育委員会に申請すれば、貸付を受けられると聞いて
行きました。 母子家庭で年収の点では条件をクリアしていました。

連帯保証人を二人立てる点で、実弟は30キロ程離れた町に住み、同じ
町に住む叔父は60歳を過ぎているのでだめ、町内に住む従兄一人しか
頼めませんでした。 他人様にお願いできることでもありません。

事情を話したら、取付く島もなく 「あ、それはダメだね」の一言で追い払われるように事務室を出ました。

公立高校の授業料もただにするらしいですが、子供の授業料をただに
してくれなくても、年収が少ない国民に申請して、条件を満たしている
本当に必要としているものに、きちんと貸付して子供が進学したいと
望む高校に進学できるように、力を貸して欲しいとつくずく思います。


北風育子さま、

私が最初に殺意というものを感じたのは、小役人の応答に対して
でした。いくら老後が安定していても、こ奴らの仲間にはなれんなぁと
若年の内に決心しました。それほど小役人は、キマリをタテに、嵩に
かかった扱いをします。

馬鹿な政権が、馬鹿な法律を施行しました。小役人らは殺到する
外国人の対応に追われ、ザマ見さらせ!と思うのですが、窓口の
増員も時間外手当も我々の税金です。

一刻も早く、こんな悪法は停止しなければなりません。例えば生活
保護を受けるためには、丸裸にならねばなりませんが、これを年収
200万円以下には50万円とか100万円上乗せ援助とか、頭を
使えばいくらでも国民生活を支援する方法があると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 剛毅に子供手当・8642万円!:

« 地デジを投票制度改革の目玉に! | トップページ | 私の腎臓あげる! »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト