« ロマンチック推論・御柱祭 | トップページ | 富司純子の存在感 »

右顧左眄(うこさべん)

2010年4月12日

・右顧左眄(うこさべん)という言葉が有る。「人の思惑など周囲の様子を窺ってばかりいて、決断をためらうこと」をいう。今の鳩ポッポ内閣が正にそれだろう。国土交通省が9日発表した高速道路の新料金制度など、これまでの「土日祝日は一律1,000円!(だったっけ?)」の分りやすさに比べ、グダグダとサッパリ分らない。

・何かの番組で、若いおネェちゃんコメンテータが言っていたが、「格好イイことばかり並べ立てて、イザ結婚したらグチャグチャグチャグチャ言う男みたいだ」・・・ウソ八百のマニフェストゥで国民を釣って、まんまと政権交代に持って行った民主党への批判として、誠に的を射ている。

・自民党政治と官僚の癒着で、四国連絡橋は①神戸・鳴門ルート(通称:白鳥ここ稀橋)、②児島・坂出ルート(通称:瀬戸大橋)、③尾道・今治ルート(通称:瀬戸内しまなみ海道)と3本も架かった。四国の人は「これで本州からドッと観光客が来る!」と期待したが、あまりの通行料金の高さで期待は外れた。そこへ政権交代=土日祝=1,000円の朗報だった!本州からはドッと観光客が流れ込んだ。

・そこへ今度は「フェリー業者に配慮して」の元の木阿弥である。早速仙谷国家戦略相は11日、JR徳島駅前で街頭演説して国土交通省の発表を批判し、「前原国土交通相に会って、四国の人々が納得出来る料金体系に変えさせる」と言ったそうだが、これってオカシクないかい?ガキの児童会でも生徒会でも、委員各自が勝手なキマリを外に発表する前に、会の中(閣議)で充分揉むだろうに??

・鳩ポッポと小沢〔ダースベーダ〕の金の問題以上に、国民の鳩ポッポ内閣支持率の急落、民主党離れに拍車がかかっているのは、この右顧左眄の態度=何事も決まらないことへの失望だろう。

« ロマンチック推論・御柱祭 | トップページ | 富司純子の存在感 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 右顧左眄(うこさべん):

« ロマンチック推論・御柱祭 | トップページ | 富司純子の存在感 »

最近のトラックバック

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト